宇宙の法則と仏法7字

ひとりの意識革命が人類を救う

覚醒の赤いピルとワクワクの青いピル

ハロ~ ガンダーラー子です

今回は例の「お注射」についての考察よ

ちょうど5/11の聖教新聞に、ヒントがあったからピックアップするわね

 

1面の記事

”人種差別の根底にあるものは、相手を知らないことからくる「恐れ」だ”

➡ 新型コロナが引き起こしてる社会の混乱もそうね 

ウィルスのことを知らない事からくる「恐れ」が根底にあるのが原因よ

つまり「無知」は諸悪の根源だということよ

自分から積極的に情報を取らず、学ばず、テレビの言うなり、政府の言うなり、医者の言うなりだと、洗脳対象のいいカモね

「依存と支配の関係」が簡単に成立しちゃうわ

新聞1面にはまた、「正しく知ろう新型コロナ」とあり、ワクチン接種スケジュールが載っている

無知から来るウィルスの恐怖に侵されれば、一刻も早くワクチンの接種へ向かうのでしょう

 

そもそもコロナちゃんは、人工的に加工された生物兵器だとか、(HIVも人工説あり)

学術的に、その存在すら立証されてない(分離された標本を持ってない)とかいう説もあるけど、

残念ながら一般の私たちには、何が真実なのかは、判らないわよね

人類の科学や医療や歴史なんて、時が経てば様々な説が覆るし、その程度のもんなのよね

人間のほんの些細な勘違いや手違いや権力者の都合のいいフェイクで、歴史は作られてきた

唯一信じられるのは、

「真実は自分の中にしかなく、今の自分の周波数・波動で感じ取るしかない」ってこと 

周波数が変わると真実も変わるから、ネガティブ波動には気を付けてね

 

次に新聞7面の記事、Books読書のコーナーで、著書「ワクチン・レース」より

”実際の現場で展開されたのは、ドロドロとした人間模様だ”

”営利に目がくらむ製薬企業や研究者、握りつぶされる不都合な真実

”接種が始まった新型コロナウィルスのワクチン開発現場では一体どんなドラマがあったのだろう”

➡ まぁ今回も例によって、裏ではドロドロしててドン深闇でしょうね(笑) 

PCR検査の開発者キャリーバンクス・マリス博士(1993年ノーベル賞)は、

PCR検査を感染症の診断に使ってはならないと警告し、使い方によっては誰でも犯人にすることができると言ってたらしい

PCR検査の結果は100%正確ではなく、インフルや果物やコーラや水道水にも陽性反応するキットもあるみたい

彼はコロナ騒動が起こる直前の2019.8.7に自宅で亡くなっている、キャ~

現在YouTubeでは、副作用の動画も沢山あって、疑問を唱える医師やワクチンの陰謀に関する動画が規制されているわ

 

ウィルスの正体もまだよく判ってないし、ワクチンの安全性も確立されてないし(通常は何年もかけてテストする)

mRNAワクチンという「人工的な遺伝子ワクチン」を体に入れたら、自分の遺伝子が変異して自己免疫力が壊されそうだわ

そんな人工的な「毒」を体に入れるなんて、まっぴらゴメンよ~

それに、ウィルスは常に変化してるから有効とは限らないし、打つ意味が分からないわ

結局、薬やワクチンなどの西洋医学は、一時しのぎの対処療法でしかないのよ

一時的な対処療法を畜生界の無知な人々に施すことで、長期間に渡って利益を搾取してるワケ

本来なら、知恵と自己免疫力と智慧と自己意識力で、根本的に病気にならない、感染しない自分が創れる

もっと自分の器や可能性、自己免疫(自分の中の薬王菩薩)を信じてあげないとね、医者を信じるよりもね

依存には支配が、M(マゾ)にはS(サド)が、何かを得れば何かを失う、という法則なのよ

 

映画「マトリックス」的に言うと

人類は今、モーフィアス(宇宙)から、目覚めの赤い薬と催眠の青い薬を目の前に差し出されている

青い薬を選んだ人は、ワクチン接種へ進む、ワクワク・コース

魂を眠らせたまま、ヴァーチャル世界(現世)で波乱万丈なワクワク人生ゲームをする道

物質的に騙されやすい左脳の世界で、「生老病死の修行」を通してのフィールドワーク

赤い薬は、ヴァーチャル・パンデミック・ゲームを離脱した、お目覚めコース

右脳が覚醒し、今までの物質的な土の時代を卒業し、精神的な風の時代へと向かう道

時代に乗り遅れている人を導く、水先案内人

ちなみに、赤と青を混ぜると紫になるけど、紫は10界の菩薩界のカラー

だから菩薩的には中道で、どちらのコースもアリ

勇敢な地涌菩薩やライトワーカーの戦士の中には、敢えてワクチンを打って自虐実験を試みるツワモノがいるかもしれないわ

願兼於業のミッションもあるからね

 

ひとりひとりの自己宇宙・修行過程・カルマ・機根・境涯・周波数は様々だから、

情報の収集量・認知度・理解度は様々で、その行動も様々

他人の意見に左右されたり、テレビ・新聞・政府・学者・組織の言う事に依存するのも自由だけど、何か残念な事があった時にモヤモヤが残るかもしれないわね

たとえ神や菩薩の言う事でも、それが「慈悲のアメ」の場合もあれば、「峻厳のムチ」の場合もある

でも自分の意思で決めた道なら、失敗しても悔いはない

 

接種する、しない、しなくちゃいけない、は自己責任だし、どうするかはその人が決めたシナリオ

感染するかしないか、病気になるのか、ならないのか、いつまで生きるのかも、魂が自分で決めている

他人がその人の修行過程を無理やり変えることはできない・・

ってことで、GOOD LUCK !

 

量子世界の始まりでパラダイムシフト

パラダイムシフトとは、

その時代や分野において当然の事と考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化すること―

 

オッス、隊長だぜ

パラダイムシフトのひとつに、去年の頭から始まったコロナ騒動もあるが、

ついに宇宙テクノロジーのひとつである「量子コンピューター」が日本の社会や企業に配置されたぜ

 

[ 毎日新聞 2021/3/24から引用]

IBM製の最新の量子コンピューターが、川崎市の「かわさき新産業創造センター」(KBIC)に設置されることになった。

量子コンピューターの実機が設置されるのは国内では初めてとなる。

量子コンピューターは、光など波と粒子の性質を併せ持つ「量子」を利用し、多数の計算を並列して処理する従来型と全く違う仕組みの計算機

[日本経済新聞 2021/3/18から引用]

住商、倉庫作業をDX 量子コンピューター活用

[ IT メディアニュース 2021/4/2から引用]

理化学研究所富士通は4月1日、量子コンピュータの実用化に向けた研究を行う開発拠点「理研RQC-富士通連携センター」を埼玉県和光市に開設したと発表

 

「量子」は、人間が観察できる最小単位の存在

光波や電波や音波や気などの「物質ではない波」と「物質化した粒子」の両方の性質を持つ、エネルギーのようなものだ

これが、万物の源であり、我々生命の源なんだぜ!

人間が観察すれば、「物質化した粒子」になるし、観察しなければ、「物質ではない波」になる

隊長は、この法則を利用して、嫌いなモノ・人・病気などは「観察しない」「意識しない」「忘れる」ようにして「物質化した粒子」、つまり「現実化しない」ようにしてるぜ

 

この「波と粒子」の量子理論は、「意識の法則と投影の法則」・「妙と法の法則」のことだ

無ではないゼロと1、認識できない世界と認識できる世界、あの世とこの世、宇宙と地球、仏と私、心と現実・・

「心・意識が現実を創造している」=「妙が法を創造する」=「色即是空(現実は即、空・心)」=「心即理(心は宇宙)」

この「波と粒子」の2つの世界から答えを導き出すコンピューターは、社会が宇宙の法則に一歩近づいた、ってことになるかな

でもあくまでも、このコンピューターを扱うのは「十界を持った人間」である事をお忘れなく

核の技術のように、いい様にも、悪い様にも使えるってことだ

こういった知恵や技術を人類にもたらしてきたシリウスなどの宇宙存在は、その技術を私利私欲に使うのか、全人類の平和と幸せに使うのかを、未熟な人間に試して実験しているんだぜ

テクノロジーの発展はいい事ばかりじゃない

利便性の反作用は必ずあり、何かを得れば何かを失うのが宇宙の法則だからな

 

「量子」という名前から、「質量」や「寿量」がイメージされる 

「寿量」とは、「命の重さ」ってことだ、 法華経に「如来寿量品」ってあるだろ? 

如来(仏)の寿量=我々の命の重さって事で、これからは1人ひとりの意識・境涯・次元が試される10年だよ、ってことだな

 

従来の物理コンピューターの「物質社会」は終わりを迎え、量子コンピューターの「非物質社会=意識の世界」が始まった

戦後の経済成長で「物欲を満たすことで一時的に幸せになる時代」は終わりだ

「モノ」に執着すれば、「モノを買うためのお金」に執着することになり、「お金のために労働し時間を浪費する人生」になる

このまま地上に物質が溢れれば、自然界の「循環・浄化」の作用が働き、

台風・洪水・津波・噴火・ウィルスなどで、それらのモノ(物や者)は破壊されていく

津波でごっそり流された多くのモノは海底に溜まり、やがて海底火山が全て溶かし、地球のお母さんのお腹の中へ還る

これが、峻厳と慈悲の自然界の掟(おきて)、循環の法則

 

人間がひとり生きてるだけで、どれだけ自然界に負荷をかけているかを知ったほうがいいぜ

人間1人が1年に排出するゴミの量は約360Kgで、排便(ウンチ)は83才まで生きたら、約11トンにもなる

日本昔ばなし」に出てくる「アカからできたアカ太郎」ならぬ、腸内細菌の死骸で「ん太郎」が何人作れるんだ!(笑)

だから、分解してくれる微生物や細菌に日々感謝だし、地球の恵みに恩返ししたくなる

知恵を駆使してなるべく自然界に負荷をかけないで謙虚に共存して生きていきたいと思う隊長だぜ

 

一方、石油や石炭に変わる、燃料革命・エネルギーシフトも始まってる

廃プラスチック・生ごみを利用した、無駄のないエネルギーや水素や太陽光を利用したクリーンなエネルギー

ゴミを燃料に使えれば、理想的なエネルギーの循環になるぜ

 

その内、「お金のシフト」や「医療のシフト」「教育のシフト」「TVマスコミのシフト」「娯楽のシフト」へと続くぜ

こういったシフト・変革は約75年ごとに行われ、「人間の真価を問う」ために計画されたものだ

今から75年前は太平洋戦争、その前は開国・明治維新廃藩置県

だから今、この「75年ごとのドラマ」を魂が思い出すべく、NHK渋沢栄一をやってるんだぜ~

「人間の真の価値とは何か」「人間は魂の進化をしてるのか」って、みんなに「課題」を出してるのさ

 

シフトに合わせて企業・政治・官僚・学者・研究機関などの社会を「管理・統制・操作」する人事も動いている

「役割」を終えた人は、次々と表舞台から消えてったり、お迎えが来たりしている

 

幕末の時、「尊王攘夷派」と「開国派」に分かれた

それから75年後の戦後、「右(保守)」と「左(改革)」に分かれた 

更に75年後の現在では、「DS側」と「トランプ側」に分かれたってか?

本当に真理に目覚めた人ならば、あっち側とかこっち側とか、あの組織にいるからとか、あの宗教を信じてるからとかいう垣根はもうなくて、俯瞰して観察する目を持ってるから「中道」なはずだ

そういう差別や偏見があるのは「悟り=差取り」がまだ出来てない未熟者ってことだぜ

っつーことで、じゃあな~

 

春分の日とイースター~みんな宇宙の卵

ハロー、ニャンコ先生です

3/20㈯は春分の日で、イースター復活祭は、4/4(日)だね

イースターは、イエス・キリストが3日後に生き返り、春の女神や春の月が東(イースト)から昇る事に由来すると言う

エスさんは、実は生き延びていて、日本に来ていた説があるよね

青森にイエスと弟イスキリのお墓もあるしね

ちなみに、モーゼのお墓も石川県にあるよ、「日本xユダヤ同祖論」だニャ

エスは日出る所の東の国、日本で修行して復活したとも言えるね

 

イースターと言えば、「イースター・エッグ

ニャンコ先生が以前書いた「宇宙7つの法則と仏法7字」を、またイラストバージョンで作成してたら、必然的に「卵型」が出てきたんだニャ

人体の周りをぐるっと囲む、見えない波動が、卵の殻みたいでしょ?

みんな、「宇宙と地球の卵=子供」なんだよ

宇宙は生みの親で、地球は育ての親、ってとこかな

 

春は卵の殻を破ったり、花のつぼみが開く時期

「チェリー・ブラッサム」という、聖子ちゃんの唄を知ってるかニャ?

♪ 何もかも 目覚めてく 新しい 私・・

走り出した (宇宙)船の後 白い波(動) 踊ってる

あなた(宇宙) との 約束が 叶うのは 明日

胸に抱いた (十界の)愛の花 受け止めてくれるでしょう

 

みんなに目覚めが訪れて、新しい世界が始まるかニャ~

あ、この前ニャンコ先生が、1271年9月12日の竜の口の法難で、彗星ぶっ放した話したけど・・

9月12日って、「宇宙の日」だって知ってた?

1992.9.12.に毛利さんが宇宙へ飛び立った日、なんだよね

なんか出来過ぎてるというか、宇宙コンピューターの計算は完璧だ

「NAN-南」のリズムの法則で、ばっちりシンクロするのだニャ 

 

ってことで、「自己宇宙の構造と7つの学び」をイラスト化したから

是非とも自分の真実を感じ取って、十界のお花を咲かせてね

f:id:mpm10933:20210319234613j:plain

宇宙の法則と仏法7字

 

十界互具-意識編

ハロー、ニャンコ先生です

ガンダーラー子さんの「心の十界」と、隊長の「宇宙の十界」、面白かったニャ

今回は、この2つの世界をひとつにした「十界互具」をイラストにしたよ

人の気持ち、感情、意識も一瞬でコロコロ変わるし、魂が活動する世界(器)も成長度合いで変わる

波動だった宇宙意識は自分に気づき、自己観察が始まると、波動は粒子になり、粒子は元素になり、鉱物になり、砂になり、石になり、細菌になり、単細胞生物になり、虫になり、爬虫類になり・・

これを見ると、全ては「循環してる」って、解るよね

そして10界ひとつひとつが花びらになって、最後は「お花」が咲いたみたいになる

f:id:mpm10933:20210307165902p:plain

十界互具(意識編)

心も宇宙も同じで循環してるけど、人間の「肉体」も循環してる

なんたって、人体と宇宙を構成する元素は、97%同じなんだからね

炭素(Carbon)、水素(Hydrogen)、窒素(Nitrogen)、酸素(Oxygen)、リン(Phosphorus)、硫黄(Sulfur)

*他にも、ケイ素・鉄・マグネシウムなどがある

これらのアルファベットの頭を取って、「CHNOPS」(シュナップス/クノープス)と呼ぶ

みんなは宇宙や惑星の星屑・隕石から生まれたってことだよ

まさに、みんなの人生は「星屑のステージ」だね

 

体内環境・腸内環境も宇宙の循環と同じだよ

60兆個の細胞や血液や100兆個の腸内細菌が、生死を繰り返し、アカや尿や便になり排出される

下水管を通り、浄水場の細菌・バクテリアによってキレイな水や土になって自然界に還り、土中の細菌・穀物・野菜のおかげで再び人間の体内に入り、細胞や腸内細菌が生まれる

 

惑星も細胞や細菌のように生死を繰り返し、オナラのようなガスやウンコのような隕石をまき散らす(=星の爆発)

バラバラに散らばった隕石や小惑星は引力で再び集まって惑星を創造する

お腹を壊した時は、まさに「小惑星の大爆発」だね(笑)

お通じがよくて快便だと、細菌の死骸である「ん様」の功績に敬意を表したくなるニャ

「ひらがな50音」の音は、音の波動

「ア」という気づきの波動から始まり、「ン」という最後の理解・納得・消化、

「あうんの呼吸」

 

さっき話した、宇宙の元素「CHNOPS」(シュナップス/クノープス)って言葉、

神経細胞(ニューロン)にあるシナプス(synapse)と音が似てるニャ

シナプスは、情報を受け取ったり指令を出したりする器官だよ

神経細胞から隣の神経細胞へ、バケツリレー式に情報を伝えていく、チームワークのある細胞さんたち

シナジー効果(相乗効果)」という言葉も、お互いの協力で更なる効果を生み出す、って事だよね

このブログで使ってる図解も、イラストを描く人、情報を書く人、ネットにアップする人、アップしてくれるネットサービスやプロバイダの方々のおかげで生み出されるシナジー効果だニャ

 

宇宙にも、こういう存在の者たちがいるよ、それは7,8,9界の存在だよ

サシスセソのS極チームとナニヌネノのN極チーム

地球上だと、スパイ(Spy) とか忍者(しのび)、 クノープス(CHNOPS)は「クノイチ」「女」「如」かニャ?

宇宙の情報伝達者、無冠のメッセンジャー、 物理界における「影の功労者」だよ

 

神経細胞は、傘が開いたようなお花の形をしてるニャ

こういう「クラゲ型エイリアン」や人工衛星や宇宙船があるよね

腸内も「腸内フローラ」と言って細菌のお花畑だよね、あの世もお花畑だって言うし・・

トイレの花子さん」って名前も、トイレに腸内細菌のお花(ニオイの粒子)が漂ってるからかニャ

アレルギー・花粉症にも「腸内お花畑」だよ

 

隊長やガンダーラー子さんが寿命を迎える時代には、肉体の意識があるまま

宇宙からフラワー型宇宙船が「お迎え」に来たら面白いね!

まるで「かぐや姫」だ

その人の意識によって「乗り物」が違うかもね、メリーポピンズは「傘」だったね

 

地球の善玉菌と日和見菌が善玉菌になったおかげで、大繁殖した悪玉菌のお掃除が終わりそうだね

地球のお花畑はもうすぐ咲くかニャ?

でも地球の大多数を占める日和見菌は、ボーっとしてたらまたすぐ悪玉菌に浸食されちゃうから気を付けてね

地球の闇・悪魂は、人類ひとりひとりの心の闇が塵積って山となったものなんだよ

それじゃあまたね、チャオ・チュール!

 

十界の生命論「宇宙編」

押忍(オッス)、隊長だ

如月(きさらぎ)=如来の月、2月が終わってしまったぜ

ブッダ日蓮聖人、戸田先生は、如来を象徴してるのか、2月生まれなんだよね

梅や桜のつぼみもニョキニョキ(如来如来)、春の息吹を感じる今日この頃

 

前回の「心の十界」に引き続き、今回は「十界論-宇宙編」をお送りするぜ

宇宙編だぜ、「大宇宙の概念と小宇宙の視野」がないと語れないぜ、ワイルドだろぅ~?

この「究極にワイルドな冒険旅行」に、ついて来られる強靭な精神の持ち主は、隊長に続け~

まず生命の旅は「循環型」だから、始まりも終わりもないのだが、とりあえず旅の出発点として、生命の起源である 10 仏界=宇宙・源泉から始めよう

旅のルートは、10➡1➡2➡3➡4➡5➡6➡7➡8➡9

あれ?なんだか「銀河鉄道999」の10両編成の列車で10界の惑星を旅してるみたいだぜ

 

f:id:mpm10933:20210301181455p:plain

十界(宇宙編)

【10 仏界】

宇宙の意識、万物のみなもと、源泉、故郷

宇宙は「アレ?私は誰?ここはどこ?」という気づき「意識」から始まった

その「意識」の波動は一人でモンモンと考えながら渦を巻き、ある時何かがいる気がしたので追いかけてみた

追いかけるとソレは逃げようとするので、ますます回転が速くなり、エネルギーが生まれた

でも結局追いかけてるソレは自分の波動渦の尻尾だった(動物がよくやる行為、影でも)

で、自分ひとりではつまらないので、宇宙は妄想でいろんなモノを創造した(ビックバン)

宇宙の無数のチャンネルのひとつが、その人の人生の「ワンマンショー」「ひとり舞台」

誰もが一人で生まれて一人で死んで、宇宙へ還ってゆく

 

【1 地極界 】

「地獄」じゃないぜ、「地の極み」と書いて「地極」だ

宇宙に一番近いのがこの世界だ、惑星の元はガスや鉱石だから

宇宙にある元素は多い順に、水素・ヘリウム・酸素・炭素・窒素、ネオン、マグネシウム、ケイ素、硫黄、鉄

普段の生活じゃ、なかなか意識しない世界だ

太古の地球の鉱物・金やレアメタル採取のために、地球外生命体が奴隷人間(クローン)を創造したとも言われる

隊長が幼稚園の遠足で行った埼玉県吉見町の百穴は、「クローン製造空間」もしくは「メドベッド」のようだ

すぐ隣に「地下軍需工場跡」があるのが、意味深だぜ

地底には壮大な交通網があったり、別次元の地底空間があるとのウワサだぜ

地球の土地は人類へ平等に分配すべきなのに、誰が何の権利で国境線引いたり売り買いしてるんだ?

石油や天然ガスなどの地下資源のおかげで、森林伐採が免れてる側面もあるが、未熟な魂の人間がこの世界を牛耳ると、資源の奪い合いから醜い争いとなり、正に「地獄界」となる

 

鉱物やガスなどの元素は、無機質で「生き物」って感覚はないが、これらにもちゃんと「波動・周波数」がある

原子核の周りを電子が飛び交っていて、振動してる

石ころは人間みたいに「自我」や「感情」はないし、動物みたいに温度や痛みなどの「感覚」もないが、鉱物・ミネラルは宇宙の一部であり、人体成分の一部である

ヘリウムガス・水素・酸素・窒素・ネオンなどの「気体元素」は、天の生命体(天神)とも言えるし

炭素(石炭・石油)や鉱石や海水から採る金属のマグネシウム(クロロフィル)は、地の生命体(地神)とも言える

ヘリウムガスを吸い込んでしゃべると、宇宙人みたいな声?心くんみたいな声?になるよね(笑)

西遊記孫悟空は、火焔山の岩から生まれるんだぜ、ワイルドだろぅ?

 

【2 餓鬼界 】

元素の次は、ウィルス・細菌、寄生生物に成長するぜ

元素や石ころの時は何も食べなくても存在できたけど、今度は食べないと死んじゃうから大変だ

どうやって自分を生きさせるかが、この世界での課題だね

でも石から成長したばかりで未熟だから、まだ自分で食べ物をゲットできない、誰かに寄生して共生してる

あんまり増えすぎると宿主に気づかれて嫌われちゃうから、意外と謙虚に生きてるんだ(笑)

個体数のバランスを保てれば、宿主と仲良く共生できるし、宿主のメリットもある

 

【3 畜生界 】

ミクロの生物から大型動物までの多種多様な世界

人間が手を加えなければ、動物の世界は自然とバランスが取れる

動物には知恵がないから、生も死も日常だ、良いも悪いもない

人間は知恵という煩悩の一種を持った故に、節理・倫理を外れた不老長寿に固執する

死への恐怖と無理解は、別の智慧で調整するしかないぜ

 

【4 修羅界 】

実際に見たことがないから何とも言えないが、地球には別の次元(パラレルワールド)に住む生命がいるのではないか

神隠し」は、別の次元へ迷い込むことだ

妖怪「カオナシ」は、怒らせたら怖いぜ・・

山火事や水害、竜巻、台風、ヒョウなど、自然界からの警告メッセージや、それが化身になった「荒神」や「妖怪」とかね

「宇宙の怒りのエネルギー」で、自然界に対する畏敬の念を持たせる役割

魂の発展途上にある人間の前に現れて、「喝」を入れて「気・波動」を循環させる

鬼は人間を食べるというが、循環の法則で考えれば何ら自然な事だ

自分の死体が動物や植物の糧になるのならありがたい、ゾロアスター教では「鳥葬」がある

人間は食物連鎖の頂点ではないんだぜ

 

【5 人界 】

地球の人間に生まれる世界

知恵のある人間に生まれたからには、ここでの修行は厳しいぜ

いかに「感情」をコントロールできるか、どれだけ知識や智慧を得られるか

隊長が昔好きだったアニメ「はじめ人間ギャートルズ」の頃は、まだ人間に「所有」の概念がなかった

みんな好きな土地に住み、自然の一部みたいに生活してたぜ

 

人間の肉体が滅ぶと、魂は冥界に行き、行い(カルマ)をチェックされて課題をクリアできてないと再び人界に生まれる

次に生まれる時には、まぶしい光で記憶を消される

映画「メン・イン・ブラック」の、「ピカっと光る棒:ニューラライザー」みたいな感じ

先住民など一部の人は、写真(フラッシュ)を撮ると「魂を抜かれる」(記憶が消される)と思ってるのは、過去に異星人からピカッとやられて「都合の悪い記憶」を消されてた名残りだったりして・・

ふつう前世は覚えてないものだが、稀に記憶している人がいる

宇宙の記憶を持つ子供たちによると、「前世の記憶」とは、宇宙の記録倉庫(アカシックレコード)から故人の情報をダウンロードしてきたものらしい

だから、誰かさんの生まれ変りや分け御霊は、1人だけとは限らない

今世での使命を果たすために必要な人の情報をダウンロードしてくるんだろうな

大阪大学の科学者・発明家である、政木和三(まさきかずみ1916-2002)氏は、何と大国主命応神天皇日蓮の生まれ変わりだという

氏は、炊飯器、湯沸器、自動ドア、CTスキャンなど、数千億は稼げるはずの特許使用料に目もくれず、技術を無料で解放した徳の高い人だ

磁気・周波数・波動を使った治療器は、日蓮聖人が顕した7字の「生命の波動調整法」と通じるものがあるぜ

 

【6 天界 】

この世界も普通は見えない世界だが、ここにいる存在を観たり感じたりできる人は結構いる

仏教で「八部衆」といわれる、修羅界の妖怪みたいな存在が徳を積むと天界に行けるのかもしれないし

菅原の道真公みたいに徳の高い人間が次に生まれる世界なのかもしれない

宇宙人でも境涯が高いと、7 声聞界以上の存在になるのかもしれない

で、この天界までが「六道輪廻」の修行になる

以外に思うかもしれないが、天界の神様と思われてる存在も、修行の身なのだ

肉体がないから、人に憑りついて「善知識」をもたらしたり動かしたりして、徳を積む人を守っている

 

そして天界の上には、宇宙の出張裁判所、魂の相談所である「冥界」がある

ここからは時間と空間の概念がなくなる

銀河鉄道999冥王星に行くと、魂の入れ物である「人体」がたくさん冷凍保存されてるよね

エンマ大王が第六天の魔王で所長なのだが、「第六天」という名と「冥界の冥の字に数字の六」がある事から、冥界は6階構造らしいぜ

地極界から天界までの6つの世界別・周波数別になってるんだろうな

 

【7 声聞界 】

地球外生命体だが、肉体を持ってるかどうかは定かではない、探査機UFOも無人の場合がある

六道の修行を卒業した魂だが、まだ宇宙大学Universe-Universityでお勉強中だ

地球でいろんな生物を掛け合わせたりして「生物多様性」の実験をしてるぜ

たまに未確認生物が目撃されるが、地球上に様々な種類の生物がいるのは、そのせいだ

人類も実験(DNA操作)されてるぜ

人類は多様性とエゴの中で「分断・反発」するのか「調和・融合」するのか、波動の化学変化を観察してる

元素に始まり天界にまで成長した魂「波動生命」の成長度合いを見守ってる

 

【8 縁覚界 】

縁を覚る(悟る)と書くので、万事が縁や相互関係によって成り立っていて、万物は流転するという「無常」を体得してる

7の声聞界と8の縁覚界の2つを仏法では「二乗」という

「乗」とは「魂の乗り物・器」のことで、声聞界の乗り物がUFOだとしたら縁覚界の乗り物は惑星だ

人界なら人体だし修羅界なら鬼の着ぐるみ

地球の事を「宇宙船・地球号」と言うだろ?

この2乗は六道を卒業してるからもう安心、みたいに思えるかもしれないが、実はここに最大の落とし穴があるんだぜ

この世界で利他の活動を怠っていると、ゆくゆくは自己崩壊して無限地獄に堕ちてしまうんだぜ

その昔、ある惑星意識が住人である惑星人の成長を助けず放置したままでいたら、やがて住人たちが核戦争などの愚かな行為に走り、その惑星は爆発しバラバラに散ってしまった、つまり地極=鉱物やガスになってしまった、という事だ

その砕け散った星の無数のかけらが、「天の川」だという・・

そういえば、七夕の織姫と彦星の話も「恋にうつつを抜かし働かず堕落したから引き離された」だもんな

縁覚界の存在たちは、自らの世界に安住して、住人である子供を甘やかしてしまいがちなのだろう

我が子の教育を放棄し放置した親は、放蕩息子によって自分の身を滅ぼされかねない

ちょうど今、日米代表の親子が聖書や法華経の物語にある 「放蕩息子に愛を!」のパフォーマンス中だ(笑)

 

【9 菩薩界 】

最後に到達するこの世界は、10の宇宙意識から直で分離した意識だ

宇宙の循環を促すため、宇宙のミクロからマクロまで隅々で救済活動をしている

空気で例えたら、目の前の透明で静かな空間が10界で、そこに空気の動き=風が9界

水で例えたら、水たまりが10界で、振動で水たまりから水滴が飛び出たそれが9界

風は地球上を巡って大気を循環させてるし、水は気体や雲や雨で循環させている

ヘブライ語で「水」の事を「マイム」(イスラエル民謡のマイム・マイム) と言う

マイム=マイ・務=私の務め・役割・使命 だと感じるざるを得ないぜ

わずかな「一滴」だけど、みんながこの一滴を意識すれば、泉になり池に沼に湖に海になる

法華経で人類救済のため虚空会に集った菩薩たちは、地球に馳せ参じた、水滴のような彗星に例える事ができる

9界の存在は、「自分の心と宇宙は一体」で、「心即理」「心即自然の真理」だと体得してる

1~8の世界は、魂の修行のために宇宙意識が「仮」に見せている世界だと解っている

最終的には、他人を救うことで自分も救われていると解り、それが極上の喜びだと知る

渋沢栄一大河ドラマで、武道場に「心即理」の掛軸が掛かっていたぜ・・(小道具スタッフの粋な技)

 

ということで、宇宙の「究極にワイルドな冒険旅行」は、どうだっただろうか?

この旅が、みんなの魂に響いてくれる事を願う!

 

祝・2.22 ネコの日

ハロー、ニャンコ先生です

2月22日は、ニャン・ニャン・ニャン、って事で、「ネコ関連」のお話だニャ

今日はとても暖かい日だったから、最近運動不足気味の隊長の肉体を借りて、近所のゴミ拾いを兼ねたパトロールをしたよ

大きいレジ袋が一杯になるくらい、落ちてた

大好きな鳥さんたちがプラスチックを間違って食べないようにね、いつも爽やかな鳴き声を聞かせてもらってるから

 

前にも言ったけど、ネコ科の動物のルーツは、人類に知恵を届ける役割のシリウス星人だニャ

シリウスは、ギリシャ語で「焼き焦がすもの」「光り輝くもの」を意味する「セイリオスSeirios)」に由来

鉄を焼き焦がして叩けば光り輝く剣になるように、人間の魂・根性を鍛えさせる宇宙の作用だよ

ネコ型ロボットのドラエモンは、のび太君を甘やかしちゃってるけどね(笑)

人口知能のおしゃべりAI 「Siriシリー」も、「シリウス」から来てるのかもニャ

同じく人間を甘やかしてるよね、Siriが「それは自分で考えて下さい」って言ったら面白いね(笑)

 

シリウスは地球上から見える最も明るい恒星(自ら光を発する星)で、オリオン座の近くに見える「冬の大三角形」のひとつ

地球から約8.6光年(光が届くのに8.6年かかる距離)離れてる

シリウスAとBの双子星で、Aは太陽の2倍大きく、Bは地球くらいの大きさで既に寿命を迎え白色矮星化し大量のX線を出してる

おおいぬ座にあることから、Dog Starと言うニャ

シリウスはSIRIUSと英語で書くけど、シリアスSeriousと発音が似てるだけあって、とても真面目な魂が多い

真面目な犬といえば、使命に忠実な「忠犬ハチ公」だニャ

 

シリウスは地球の誕生から関わってるよ、映画の「裏方スタッフ」といった感じ

約46億年前、たくさんの隕石を一か所に集めて地球の原型を造った、「大道具」の究極の形だね

隕石衝突のエネルギーで熱が発生し、地球は岩石がドロドロに溶けたマグマと空の水蒸気の雲だけだったよ

しばらくして彗星の衝突を止めると、気温が下がって雲から雨が一気に降ってきて、これが海水になった

その後、海に葉緑素(クロロフィル)を持った細菌、シアノバクテリア(藍藻:酸素発生型光合成を行う細菌・増え過ぎると赤潮やアオコの原因)

を彗星で送り込んで、太陽さんの力を借りて光合成して「酸素」をたくさん産んでもらったよ

そのおかげで、動物や人間が呼吸できるのだから、細菌さんたちって、すごいね!

 

このクロロフィル(葉緑素)は、ほうれん草や小松菜、春菊、海苔に含まれているよ

板状の海苔は、江戸時代に浅草の和紙職人が大森で、製紙技術を使って始めたんだよ

クロロフィル(葉緑素)は、クロロ=966 というだけあって、宇宙の崇高な記号だニャ

ウィルスの「コロちゃん」とか「クロちゃん」や「クマちゃん」なんて名前は、ある意味「クセモノ」で、人間に「喝」を入れて叱咤激励し、深く考えさせるための「厳しい宇宙の作用」だったりする

日本の歌舞伎では、舞台の裏方を「クロコ」として表舞台に登場させるね

 

人間の目に見えないウィルスや細菌類は、ある意味自然界の神様菩薩的存在なんだよね

血液や腸内細菌を移植した人の性格が変わったりする例があるよね

「腸は第2の脳」だから、腸内細菌が整ってないと、意識も性格もかたよるんだよ

日本の食生活が洋食化して、玄米、味噌汁、海藻、梅干し、納豆、ぬか漬けなどの発酵食品と菌の餌になる食物繊維を取らなくなると、腸内環境が変わって、キレやすくなったり、無気力になったりするんだ

ウィルスのコロちゃんも、体内に侵入したら、ネガティブ思考の波動や言葉には、悪く作用して、ポジティブ思考の波動や言葉には、悪さをしないようになってるよ

 

「猫」という字は、けものへんに苗と書くから、稲作はシリウスがもたらしたよ

「苗」は、中国語で「ミャオ」って言うよ、かわいいね

猫はイネ科のネコ草を食べるし、昔から穀物をネズミから守ってきたよね

古代エジプトでは猫は神「バステト」とされ、太陽神ラーの娘又は妹や妻と言われる

「冥界の神オシリス」の妻「イシス」は「豊穣の女神」だから、シリウスだニャ

世界中の神話で、「知恵」とか豊かさを表す「豊穣・農業」の神様は、大抵そうだよ

日本神話の保食神(うけもちのかみ)、宇迦之御魂神(ウカノミタマ)、オオゲツヒメ豊受大神などは「稲荷神社」に祀られてる神々だけど、稲荷神社は豊作や商売繁盛の神社だからね

キツネって、犬と猫の中間みたいだしね、 「イヌ」と「ネコ」の頭を取って「イネ(稲)」だニャ

シュメール神話の豊穣の女神イナンナも、イナンナ=稲女(イネオンナ)かニャ?空耳~

あと、水中生物ね、魚、イルカ、恐竜、龍とか、ドラコニアン系宇宙人

 

「米」という字は、光る星*みたいな形だニャ

彗星のことを英語で「コメット」って言うよ、「米っと」だよ(笑)

お米や米からできる日本酒は、神様の大好物、いなり寿司の形は米俵(稲荷)みたいだよね

湧き水や温泉も、「地から湧く」シリウスの恵み、「地涌の菩薩」の仲間だよ

清らかな湧き水と米で作ったお酒を、温泉の後に飲んだら、最高だニャー

温泉に浸かる行為は、お母さんのお腹の羊水に包まれてる赤ちゃんみたいな感覚なのかニャ?

温泉成分にもよるけど、塩化物温泉系は成分が近いかもニャ

 

映画「テルマエロマエ」ってあるでしょ? あの映画の「濃い~縄文顔チーム」の俳優さんたち

市村正親さんは、元劇団四季の「キャッツ」だったし、北村一輝さんも「ネコ侍」だったニャ!

一方の「平たい顔族」は、大陸からきた「弥生系」だね

 

あとね、元素のシリコン(ケイ素)と、酸素との化合物のシリカ(石英・水晶・砂)も、シリウスの贈り物だよ

金属と非金属の両方の特性があり、「調和の元素」と言うくらい、半導体(シリコンバレー)やミネラルウォーターで活躍してるよ

土の中にも含まれているから、土いじりや自然豊かな所で深呼吸すれば摂取できちゃうよ

 

ちなみに、シリウスの裏部隊チームは、750年前に彗星をぶっ放して日蓮上人の命を守ったよ

神奈川県の湘南海岸付近の「竜の口」って所に、1271年9月12日の夜にね、みんなビックリして腰抜かしてたよ

日蓮上人は、「ブッダの生まれかわり」だと言われてるよ

ブッダは2/15(紀元前500~1000の間)に亡くなって、その約2000年後の2/16に日蓮上人は生まれたからね

1222年に竜の落とし子のような形の千葉県で生まれたよ、1222もニャンの年だね

 

という事で、ニャンコ先生の星「シリウス」を紹介したニャ

地球のネコはモフモフで可愛すぎて宇宙人に見えないけど、シャンプーしたら宇宙人のグレイみたいになるよ(笑)

それでもまだカワイイんだけどね・・・

じゃあまたね、チャオ・チュール!

f:id:mpm10933:20210222204139p:plain

祝・2021.2.22

 

十界の生命論を「いらすとや」さんで表現してみる

ハロー、ガンダーラー子です

前回ニャンコ先生が「十界互具」と「生命の木」の解説をしてくれたわね

ミクロの量子からマクロの宇宙まで、「全ては変化と成長と循環を繰り返しながら調和している」と解るわ

生命の樹の根と柱(幹)が素直に真っすぐ成長すれば、花や実がキレイに付くように、

生命の根っこ(根性)と幹(均衡の柱)が曲がっていたら、花や実が実らないのね

 

実はわたし、目覚める前までは、地球に生まれたから「5」の人界の魂だと思ってたの

でも覚醒したら、自分の魂は人界じゃないって気づいたの

今世の自分は「10」の仏界という宇宙の源から来た魂で、活動するために9界にニョニョっと生まれ出たのね、如来(仏の事)だけに(笑)

で、この地球に来たからには、少しでもこの「人類大覚醒のイベント」のお手伝いをしたくて、勝手にブログにぶちまけているの(笑)

 

今回は、生命の十界論を「イラスト入り」で、より詳しく表現してみたわ

十界とは、生命の「陰と陽」「光と影」をより細かく10種類にしたもの、「心の中の10の世界」って事

ネットで大人気のフリー素材集「いらすとや」さんの可愛いイラストをメインに創ってみたの

イラストって、ユニバーサルデザインというか、万国共通で字が読めない子供でも分かるし、読むのが面倒な時でもパッと見ただけで頭に入るから、すごい力を持ってるわよね

ホント、こういったネットの素材や情報を無料で配信されている方々、ありがとうございます!

しかも、必要なイラストがほぼ完璧に揃っていて素晴らしく助かります!

宇宙の法則、循環の法則上、「無償の奉仕、無償の愛」は、必ず自分の元へ還ってくる

 

f:id:mpm10933:20210215145846p:plain

十界(心の中の世界)

この10の世界は「人類が歴史を経て何度も生まれ変わり修行してきた道」とも言える

日本の平安時代辺りまでは、まだ人々の心根(機根・根性)が腐ってなかったけど、

1051年以降(像法時代) は、人々の魂のバランスが崩れ、欲望と奴隷の「餓鬼・畜生界」に堕ちたわ

山のお猿さん達みたいに、縄張りや権力争いが始まると、殺生などの重いカルマを積んでしまう

そのカルマが近代の戦争でも積み増しされたり、闇出し(カルマの精算)したりして、最後にドカンとカルマの風船が弾けた

今でこそ「戦争はマズイ」という知恵があるけど、当時の人間の多くは「魂の成長途中」だったから知恵もなく、猿山のボスの奴隷にならないと生きていけなかった

猿山のボスたちは(本人は自覚してないかもしれなけど)、第六天の魔王(エンマ大王)が憑りついて、もしくは魔王と「契約」して、人々が積んだカルマを精算・闇出しさせようとしたのかもしれない、「さぁ過去世に積んだ黒いモノを吐き出しちまいな」って

だから新しい時代に生まれて来る人間ほど、過去世でカルマ(業)を精算してきてるから、宿業も少なくて魂のバランスが取れてる子が多いんじゃないかしら

「さとり世代」って言うしね

昭和の女であるラー子の若い頃は、なんかガツガツした時代だったなー

いまだに「豪邸に住みたい」とか言ってる人は、「昭和だな~」なんて思ってしまうわ

生まれた時からネット環境を享受できる世代は、人が何世代も何十年もかかって調査したり、何日もかかって読んできた本すらも、ネットで検索してからほんの数分で概要を知ることができる

移動しないで世界中の景色が見れるしね、既に半分「時空を超えてる」世代なのよね

 

人間はつい自分の中の魔に負けて惰性に流れてしまい、道を踏み外してしまうから、道を正す意味で手段(方便)として宗教があるのかもね

そもそも人類が、宇宙の法則をちゃんと心得て、魂の調和を崩さないで、ずっとセルフコントロールできてれば、宗教はいらないのかもね

 

人間は、つい日々の忙しさや惰性で自分の気持ちや心と対話するのを忘れてしまうけど

自分をケアしなさ過ぎて取り返しのつかない事にならないように、私は時々このイラストを見て「自分を客観視」するわ

私にとっての心の故郷、心の楽園、愛の国ガンダーラである、9界と10界を忘れないためにね

あと時々、理解できない他人の行動や発言で、イラっとしたりモヤモヤした時は、「あ~この人は修羅界で修行中なのね」とか

「餓鬼・畜生界でお楽しみ中なんだね」なんて、冷静に分析する事もできちゃうわ(笑)

 

一方で、宇宙世界を10に分けたバージョン「生命が住む10の世界」があるのだけど、

これは未知の生物が大好きな「隊長」に、後でアップしてもらうからお楽しみに

宇宙人にも、肉体を持ったタイプや肉体のない波動だけの生命体とか、色々いるけど、

皆さん、どの界からやって来てるのか、是非知りたいわ

と、いうことで「心のケア」もお忘れなく・・ チャオ!

 

「許し」の学び~「十界互具と生命の木」

ハロー、ニャンコ先生です

地球の混乱は続いているね

その混乱に振り回されて、心がザワザワしてないかニャ?

ザワつく原因を、自分の「外」に作ってない?

嬉しいのも悲しいのも、「全部自己責任で全部自分が勝手に作ってる」って事、忘れちゃったかニャ

忍法「宇宙の法則」を心得ている人は、「全ての原因は自分の内側(意識やカルマ)にあると知ってるから、動じないよ

武士道みたいで、クールだニャ

 

宇宙は、「地球の宇宙デビュー」の前に、人類に「お試し試験」を出してるよ

人類最大の学びである「許し」「慈悲」「無償の愛」を学ぶためのね

他人や環境や社会を恨んだり攻撃したり不安になるのは「旧型地球人」で不合格だニャ

「全ての問題・責任は自分の中にある」って気づかないと合格できないよ、かなり難題だけどね

人に期待したり、勝手に不安になるのは、まだまだ「傲慢」さ「依存」が残ってる証拠

 

先日1/22(ワン・ニャンニャンの日!)に、国際法として発効した「核兵器禁止条約」

この陰に、戦争体験者・被爆者達の相手国に対する「長年の恨み」を乗り越えた「許し」がある

人類は何千年も、この「許し」を克服できなかったから、バカみたいに争ってきたニャ

 

ちなみに、アセンション(覚醒)するために隊長やラー子さんが最後に学んだのは、やはりこの「許し」「慈悲」「無償の愛」だったニャ

その時も宇宙から、これらを学ぶための課題やキャラ(人材)が日々の生活にブチ込まれてきたよ

今でも忘れた頃に、時々その課題が出てくるけどね

自分も許し、他人も許す・・ 感情が先立って、なかなか難しいよね

それに気づき自分の中のドロドロした「沼の水」を抜いて「全てを水に流し」たら、とんでもない「お宝」が出てくるニャ~

人類が「許し」を学んで、何を聞いても心穏やかに混乱しなければ、宇宙も「情報開示」しやすいんだけどニャ・・

暴露される内容に激しい怒りを感じるかもしれないけど、それも「人類に必要な課題」だったのだと理解して

「報復」や「仕返し」や「絶望感」の連鎖を自分から断ち切ってこそ、新地球人だニャ

誰かさんみたいに「10倍返し」しちゃったら、低波動に巻き込まれて自己崩壊DETH(デス)(死)!

 

ところで、今回は「東洋と西洋の融合・ガンダーラ」ってことで

仏法の生命(心)の状態を表した「十界論」と、西洋の旧約聖書エデンの園に登場する「生命の樹」をコラボレーションしてみたよ

 

仏法の十界論は、元々は「六道の生命が生を受ける世界(星?)」を表し、のちの法華経では「生命の傾向や心の状態」を表した

6道の世界に4聖(声聞・縁覚・菩薩・仏)の世界(高次元の星?)が加わり10界になった

十界の各界が互いに十界を具えていることを「十界互具」という

ロシアのマトリョーシカ人形みたいな構造だよ

地球も、浄土のアミダラ星も、地獄のダースベーダー星も、全部自己一念の意識(=宇宙)にあるニャ

 

一方、西洋のユダヤの伝承では「生命の樹の実」と「知恵の樹の実」を共に食べると、「神に等しき存在になる」とされている

その事を恐れたヤハウェエロヒムの神は、ヘビにそそのかされて「知恵の樹の実」を食べてしまったイブをエデンの園から追放してしまう・・

神様も「十界互具」だから「保身に走る」んだニャ(笑)

世界中の神話の神様たちも、争いや嫉妬がすごいよね、ぜんぜん「聖人」なんかじゃないよ、庶民と変わらないよ

神様のいる「天界」は、まだ「六道輪廻」を卒業してない修行の身だからね、いろんな天神や宇宙人がいるよ

彼らの役割は、人間や自然界の土地を「守護」することだよ

決して「願いを叶えてくれる存在」ではないよ、「守護してくれる存在」だよ

「願いを叶えてくれる存在」は、自分以外にないよ

神様がいない土地や国は、低い波動の動物霊やネガティブ波動に入られて荒れてくるよ

「いい子」にしてないと、守ってくれないよ

目に見えなくても、「お勤めご苦労様、ありがとう」って、気にかけてあげようね

 

さて、次の「十界互具」の図

カラフルで、昔駄菓子屋さんにあった”フルタ製菓の「ハイエイトチョコ」みたいだ

光の「波長」の違いが「色」なんだよ、だから音波にも「音色」があるように、心の波動(気分や感情)にも色があるよ

f:id:mpm10933:20210128180653j:plain

十界互具と生命の樹

 

みんなはこの図を見て、今の自分はどこの場所にいると思う?

ごく普通に「地球の人間世界に生まれた平凡な家庭の子」だから、真ん中辺りの「5-⑤」の「人界の中の人界」だって思う?

もし人のために動けば、5-⑨(人界の中の菩薩界)で、

いくら食べても何を買っても心が満たされない時は、5-②(人界の中の餓鬼界)だと思う?

でも、もしかしたら本当の自分は、9-⑤(菩薩界の中の人界) なんじゃね?って、思わない?

魂は高次元菩薩界の星から来たけど、肉体はあえて地球の人間界を選んだんだって、思わない?

 

地球人の「人体」は宇宙人のDNAをコピーしたものかもニャ~

だって、子宮の胎児はたった10ケ月で、地球生物が40億年かけた進化過程(魚類~哺乳類)を終えてしまうのだから

高次元の星の技術なら、クローンなんて簡単にできるよ

映画「アイランド」は、そんなクローン奴隷たちの中から、やがて「気づきと知恵」を持ったクローンが出てきて、支配管理された世界から抜け出す、って映画だよ、現代の覚醒した人類みたいだニャ

クローン奴隷だった人類が感情エネルギーで成長し、知恵を付け自立し、魂の起源を思い出し、いかに「地球での実験」や「一念三千(意識=宇宙)」に気づくか・・

 

法華経では「地涌の菩薩」って名前で、最初からこの計画をネタバレ公開してるけどニャ

人類を目覚させるために地球へ出現する菩薩界の菩薩(9-⑨) が大勢出てくるよって

9の菩薩界は、10の仏界の活動領域で、循環を促す「かき混ぜ調整役」

10がスリープ中の休眠状態で、9が起きて活動してる状態

10は、成仏してあの世で宇宙と一体化して冥伏して休んでる状態とも言える

人が寝てても夢を見るように、10で休んでる意識が地獄界から仏界までの夢を観る

意識は、10の世界では寝ていて活動できないから、意識(魂)の成長や進化はストップするニャ

7以上の星では時空を超えているし、善悪などの2元性も10の世界では、ほぼ無い

10の世界は、ただ黙々と人体が新陳代謝するように、循環を繰り返してる

人間も「悟りの最終段階」では、感情がほとんど無くなり、苦しみや幸せの感情すらなくなる

何事も極め過ぎず、ほどほどで、中道が最高だニャ~

 

2021年に向けて

押忍(オッス)、隊長だぜ

もう今年も終わりだな、人生で最も変化の波に乗れた、面白い年だったぜ

 

ところで、今度のNHK大河ドラマは、実業家「渋沢栄一」がモデルだ

渋沢栄一は埼玉の深谷市出身、東京北区没で、ドラマは幕末のペリー来航の時期になる

日本の世界デビュー「開国」と、地球の宇宙デビュー「開星」が、リンクするぜ・・

隊長は、渋沢栄一が住んでた北区飛鳥山の近くに住んでたから、親近感があるんだ

幕末激動の「変化」の中で、人々がどのように「新しい生活様式」に対応していくのかが注目だ

利益追求の我欲に囚われず、他者の為に行動するという「徳の高い生き方」を見習いたい

 

ペリー来航に対し、幕府の徳川慶喜慶喜の父の水戸藩徳川斉昭も登場する

以前にも書いたが、ガンダーラー子さんの先祖である行田市の忍藩は、水戸の徳川斉昭と繋がりがあったから、これまた見逃せないぜ

しかも、徳川斉昭役が竹中直人さんだというのを知って、マジか!と思ったんだ

なぜかというと、徳川斉昭の人物画を見て以前から、竹中直人氏そっくりだな~と思っていたからだ

どうだろう・・

f:id:mpm10933:20201231222501j:plain

もしかして前世?俳優のあの人 

それに30年位前、隊長が高校の修学旅行の時に、広島か岡山のどこかの駅のホームで、プライベートな竹中直人さんに会ったことがあるんだ、なんか嬉しいぜ

 

つーことで、今回は年賀状をアップする

2021年も意識改革して境涯アゲアゲでいこうぜ!

f:id:mpm10933:20210101012548j:plain

謹賀新年2021(隊長/ガンダーラー子/ニャンコ先生より)


 

法華経7つの譬え話に隠された法則

ハロー、ニャンコ先生です

前回、隊長が「太極図」から「生命」の謎を考察してくれたね

猫の身のこなしや生き方が、天狗や忍者みたいだってね

そうだよ、猫は人間に色々教えるために、知恵の星シリウスが地球に派遣した動物だニャ

「猫と東大」って本も出てるよ、東大は知恵の集団だよね

太極図は、数字の6と9にも見えるね 

ニャンコ先生の仲間たちは、時々「太極図眠り」をして人間に教えてるよ、ほら

かわいいね、たまらんニャ~ (画像はお借りしました)

 

f:id:mpm10933:20201217220710j:plain

猫の陰陽太極図

ところで、今回のお話は、子供たちでも理解できる「法華経7つの譬え話」だよ

法華経はとっても難しいから、ブッダが誰にでも平等に理解できるように、大切な事を「物語」にして残したんだ

実はこの「7つの譬え話」は、各お話の教訓が「南無妙法蓮華経」のひと文字ひと文字に繋がるよ

つまり、7つのお話は、7つの宇宙法則だってことだニャ~

冬休みに、お子ちゃま達に毎日一話ずつ「クイズ形式」で聞かせてあげたらどうかニャ?

それじゃあ、お話を見て行こう

 

①南 【リズムの法則】 

髻中明珠(けいちゅうみょうしゅ)の喩え

ある国に王様がいました 

その王様は、国の兵士が良い働きをすると「ご褒美」に、城や衣服・財宝などをあげていました

でも王様は、自分の髪を束ねた髻(まげ)の中にある大切な宝石だけは、簡単にあげませんでした

*王様とは仏で、兵士たちは弟子、与えた褒美とは法華経以前の様々な教えで、髻中の明珠とは法華経の事

仏は法華教を教えることを最後まで慎重に控えていたことを表す

(教訓) なにごとも「絶好のタイミング」がある

法華経は人類を救う最後の切り札である

(現代風メッセージ) 宇宙は人類の意識上昇(人間革命・アセンション)を待っている

 

②無 【波動の法則】

化城宝処(けじょうほうしょ)の喩え

ある所に、お宝のある場所を探して旅する人々がいました

ある日、旅の人々はみんな疲れてしまい途中で止まってしまいました

そこで一人のリーダーが、魔法で「幻の城」を出現させて人々を休ませました

そこではみんな、すっかり元気になりました

みんなが元気になると、リーダーは「これは仮の城である、本当の場所はまだ先だ」と告げました

旅人たちは再び出発し、ついに本当の宝の場所までたどり着きました

*仏の化導によって二乗(声聞・縁覚)がその悟りに満足せずに修行を続け、仏界に至らしめることを説いている

(教訓) 小さな課題から地道にコツコツ進み、人間革命・境涯革命・悟りに至ることができる

修行によって「空」を悟ることがゴールではない、停滞は「死」だ

(現代風メッセージ) アセンションや悟りがゴールではない、宇宙は永遠に新陳代謝し循環しているのだから

停滞してる波動と進化してる波動は、お互い引き寄せ合わず、はっきり分かれるだろう

 

③妙 【心の法則】

長者窮子(ちょうじゃぐうし)の喩え

ある日、子供の頃家出をして長年放浪している貧乏な男がいました

その男は、大きなお屋敷の前を通りかかり、そこで掃除夫として雇われました

ところが、そのお屋敷は、男の父親の屋敷でしたが、男はそれに気づきませんでした

父親のほうはその掃除夫が自分の息子だと気づきましたが、敢えて長い間、働かせていました

ついに父親は死ぬ直前に、息子に実の子であることを明かし、財産を譲りました

*父は仏、放蕩息子は衆生のこと 一切の生物はみな「仏の子」であり、成仏することができると説く

(教訓) 自分の心・魂は宇宙と一体であり、仏や創造主である(成仏) 

いつしか誰もがそのことに気づき目覚める

「妙」とは「自己宇宙・心・愛・慈悲」

聖書の「放蕩息子の帰還」では、「愛」が教訓

(現代風メッセージ) 心と宇宙・神仏は一体であり、万物が宇宙の子供である 

それを個人の心の周波数チャンネルで個別に観ているだけなのだ

自分の中に、宇宙や仏や神々や多くの種類(十界)の人格がいるのである

 

④法 【投影の法則】

三車火宅(さんしゃかたく)の喩え

ある日、長者の家が火事になりました

でも家の中にいた子供たちは遊びに夢中で火事に気づかず、外に出ようとしませんでした

そこで父親は子供たちを外へ連れ出すため、「羊の車と鹿の車と牛の車が外にあるぞ」といって外へ誘い出したので、子供たちは助かりました

そしてその後、更に立派な大白牛車(だいびゃくごしゃ)の大きな車を与えました

*火宅は苦しみの多い三界(娑婆世界)、三車とは三乗の教え(法華経以前の経典)、大白牛車は一乗(法華経)

人々の機根(仏の教えを理解する素質や能力)を声聞・縁覚・菩薩の教えで調教し、最後に究極の法である法華経を与えることを表す

(教訓) 世俗にどっぷり浸かり、時間に追われ夢中でいると「井の中の蛙」で外の世界が観えない

この娑婆世界(火宅)は修行するためにあり、六道輪廻を繰り返しながら魂は学び成長している

成長していけば現世で法華経に巡り合うことができる

(現代風メッセージ) 人間は個別に機根という周波数チャンネルを持っている

この世は、その心の周波数や潜在意識(ハイヤーセルフ)が現実化している場所である

周波数(心意識の波動)が変われば現実も変わるということだ

地球は修行の場所であり、魂を進化させるためにここへ生まれてきた

病気や苦労は進化するために自分の魂が自分に課した課題である

 

⑤蓮 【因果の法則】

良医病子の譬え

ある日、子供たちが毒を飲んでしまい苦しんでいました

父親は医者だったので、毒を消す薬を子供たちに与えました

数の子供たちは毒気が軽かったので、素直に薬を飲み助かりました

しかし残りの子供たちは父親の薬も毒だと思いこみ、飲もうとしませんでした

そこで父親は家を出て、自分が死んだ事にして子供たちにウソをつきました

子供たちは父親の死を知って嘆き悲しみ、やっと正気を取り戻して、父親が残した良薬を飲んでくれました

*医者の父親は仏で、毒で苦しむ子供たちは衆生

父親がウソをついて死んだ、というのは釈迦が方便で涅槃したことを表す

(教訓) カルマが軽いと素直に仏の話を聞き功徳を得るが、業が深いと仏の話を毒だと思い、聞く耳を持たない

仏(師)がずっと生きていると、衆生は依存してしまい、自立しなくなってしまう

仮の手段(苦しみや涅槃など)を使って、業の深い衆生に求道心をおこさせている

現世の苦しみや悩みは、カルマの浄化と魂の修行のためである

(現代風メッセージ) コロナを始めこれから起こる混乱は人類のカルマの浄化である

これに伴い個人レベルで魂の浄化が必要になる

 

⑥華 【両性の法則】

三草二木の喩え

お空の雲さんは、雨を降らし、大小色々な種類の木や草を平等に潤します

*雲(クラウド)とは仏の事、雨は仏の教え、小草は人間や天上の神々、中草とは声聞・縁覚の二乗、上草、小樹、大樹とは菩薩の事

仏は大慈悲・愛をもって法華経の教えを衆生に与え、命を潤したことを表す

この地球では、自然の資源、木や植物、ウィルス、細菌、昆虫、動物も、みんな同じくらい大切な存在です

人間はこれらの存在に生かされてる事を知り、感謝しよう

(教訓) ひとり残らず平等に仏の慈悲(宇宙のエネルギー)は降り注いでいる

多様性の尊重、宇宙は多様性のバランスで成り立っている

(現代風メッセージ) この「7つの譬え話」は、子供でも理解できるよう万人に平等に説いた仏の慈雨である

生物多様性の法則」 それは人間界にも当てはまる事

「個性」を生かし適材適所の「役割」を果たすために人は生きる

宇宙の法の下に多様性の華を開花しよう

 

⑦経 【極性の法則】

衣裏珠の喩え

ある夜、貧乏な男が金持ちの親友の家で、酒に酔って寝てしまいました

親友は貧乏な友を気の毒に思い、彼の衣服の裏に高価な宝石を縫い込んでおきました

貧乏な男はそうとは知らず、相変わらず放浪する生活で満足していました

時を経て再びお金持ちの親友と会うと、貧乏な男は自分がずっと宝石を持ってた事にやっと気づきました

*金持ちの親友とは仏で、貧乏な男は二乗の教えで満足している声聞を表す

「衣裏珠に気づく」とは、「自分の中の仏界」に気づくこと

(教訓) 法華経を知らずに満足しているのは、まだまだ「道なかば」である

様々な経験や失敗を経て、自分の中の宝を見つけよう

(現代風メッセージ) これから一人ひとりが経験する事は、魂の進化に必要な事だ

その「経験」は、自分の魂が自分に課しているのだから必ず乗り越えられるのだ

地獄の底は、薄皮一枚超えると天国だ、底と頂上、端と端は繋がってるのだ

 

さて、お話の教訓と秘められた法則は分かったかニャ?

ニャンコ先生は、子猫の時にこのお話を聞きたかったニャ~

じゃあまたね、チャオ・チュール!

 

「太極図」で生命の正体を考察

オッス、隊長です

あっという間に12月・・ ウィルスに始まった2020年

ウィルスという破壊の生命に対抗できるのは、細菌という免疫力の創造主かもしれない

発酵食品やネバネバ食物繊維で腸内の細菌・善玉菌を増やして「免疫力」を強化しとければ、怖くないぜ

もっと身近に自然を置き、土の匂いから細菌や元素を取り入れようぜ

除菌のし過ぎやマスクの息苦しさは、自己免疫力を衰えさせる、「過ぎたるは及ばざるがごとし」

「ミクロの闘い」だぜ、ウィルスより小さい粒子は「波動」、つまり「心や意識」だ

心は、ウィルスより小さくて、宇宙より大きい、何でも防げる最強ツールだぜぃ、クールだろぅ~?

 

ところで、「自分探しの旅」は進んでるかい?

今回は、「陰陽の太極図」を元に、「生命とは何か」を考察してみたぜ

よく「(頭で)考えるな、感じろ!」とは言うけど、隊長は左脳寄りだから一通りイメージできないと納得できないんだ

「生命や魂」という「見えないモノ」を人間の脳でイメージしてそれを表現するには限界があるが、とりあえずチャートを造ってみたぜ

但しこの図は、個人の周波数で感じたものを描いてるから、正解も不正解もない 

人によって「生命の周波数」は様々だから、生死観が異なるのは自然なことだ

それじゃあ「生命の旅」に出発だ!

f:id:mpm10933:20201212213656j:plain

太極図ー魂の進化には陰と陽のバランスと調和が重要

まず、図の大まかな説明

■左の列が<量子世界>と<物質世界>で、人間が観察できる範囲

■右の列が<非物質世界>で、人間が観察できない範囲(宇宙の物質の一部は観察可)

■真ん中の白黒のが太極図

真ん中上部は、光や電波など見えない波動の種類で、私たちの魂(生命)の正体はこんなイメージ

最下位の画は、その波動が粒子になる時のイメージ

 

では、まず「死ぬシーン」から

生物は死んだら肉体から魂が抜けて、原子核の周りを回る電子のように、クルクルとらせん状のヒモになって空中に漂い、自分の死んだ肉体を見下ろす(幽体離脱)

ちなみに、「生命」とは「心・精神・意識」のことだ

沖縄では心の事を「ククル」と言うが、まるでこの渦巻き状のくるくるヒモが見えてネーミングしたかのようだ

 

「二重スリット実験」という量子物理学の実験で、電子は人や機械が観測しないと、非物質化した「波動」になることが確認された

魂(生命)は自由自在の波動になると、異次元世界(冥界やあの世)や宇宙などの非物質世界へ行き、潜伏したり、生まれ変ったりする

潜伏中は、非物質状態だから、どこに居ようが何をしようが、思いのまま、リアルな妄想の世界に生きられる

但しこの世界では修行ができないので、魂の成長は一時的に止まる  

魂は物質界でしかヴァージョンアップできない

宇宙もひとつの生命体だから、人間の細胞のように、絶えず生物や惑星の生死を繰り返し、永遠に新陳代謝してる

毎日体を洗ったら出てくるアカは、皮膚細胞の死骸で、便は腸壁細胞や細菌の死骸、「お役目ありがとう」なのだ

宇宙は、自分の体にガン細胞や悪玉菌を一定数以上作りたくないから、人間生命に課題を与えて修行させ強くし徳を積んでもらい、宇宙環境のバランスをとっている

数々の課題をクリアし、六道輪廻の修行を卒業すると、人間は哲学や宇宙の法則を自然と理解するようになり、今度は他者の修行の助けをする免疫細胞のような菩薩の仕事をするようになる

 

みんな、肉体を脱ぎ捨てたら、神々や地球外生命体と同じ、「周波数を持ったクルクル波動」だ

自分の肉体は、「ククル(心・生命)」が間借りしてるだけ

動き回る電子・精子神経細胞などの形は、ヒモ状のオタマジャクシやクラゲ・蔦の絡まりなどと共通した形

遺伝子は、らせん状で、ヘビや龍・河の蛇行・唐草模様・パルメット模様と共通

銀河の形は、渦巻き状で、アンモナイト・カタツムリ・巻貝・台風・竜巻・渦潮・・

どれも我々の「生命の形」と同じだ

 

非物質の波動だから、どんな物質もすり抜ける、母親の子宮に入ることなど簡単だ

いや、外から入り込むというより、魂がワープして子宮内へ瞬間移動するのかもしれない

この波動のヒモがやがて、幽霊の形、太極図の形、勾玉の形、尻尾のある胎児の形となる

 

身近にある、太陽光・火・虹などの可視光線や電波・電気・風、台風などは、生命の親戚のようなモノ

この世の物質全てが原子核と電子で構成され、振動エネルギーを出している

みんなの肌には、常に空気の運動エネルギーが「気圧」として当たってるんだ

この世は「非物質の波動が自分(又は誰か)に観測されて粒子になり3D化した世界」ということ

物理学の大前提である「人間原理」=知的生命体の人間が観測するから宇宙が存在する に似てる

故に、「現世は幻とか夢のようなもの」だと言われる 死んだら魂が「ああ3D映画みたいだな」ってあっさり思うのだろう

 

肉体から魂が抜けて自分を見下ろした後、別次元へと移動するのだが、

ここで個人の持つ意識や信念の周波数によって移動する世界が変わってくる

結局、死後の世界も自分の心とカルマが世界を造ってるからだ

「死後は無になるだけで心も意識もなくなる」と信じてる人は、「無の意識」が「無の世界」を創り出すから「幽体離脱」を認識しないのかもしれない

万が一、幽体離脱した自分に気づいてしまったら、さぞかしビックリすることだろう

もし幽体離脱後どうしていいか迷ってたら、どうなるのだろう?死神や先祖が自動的に案内してくれるのだろうか?

まあそれでお任せという人はいいが、どうせなら隊長は自由自在に創造した世界に生まれたいから、死んだ後も意識を強く持って、一念で三千世界を創造するぜ

 

<非物質世界>の説明をしよう

この世界では、「時間と空間の概念」を取り払って考えてもらいたい

SF小説や夢の中では時系列が無茶苦茶だったり、物質界ではあり得ない事が起こるが、それと同じことだ

人は寝てる時、魂は現世以外の空間(異世界とか異次元)にいて、魂を癒している

 

地球外生命体は、肉体を持たない存在と、肉体をもつ存在がいる

高次元の生命体は、自由自在に化身として姿を現せる能力があるため肉体を持たないものが多い

神社などの神々は、肉体を持たないが、天界の存在は六道輪廻を卒業してない修行中の身

神社も、神が不在だったり、動物霊の住処になってたり、人間の悪い気が溜まってたりする

パワースポットなどで撮った写真に、円やヒモ状の光が写ってたりするが、中には渦巻きがはっきり見えるのもある

 

肉体を持つ存在である、宇宙人や異星人

身長が2~4mある大型から、子供の背丈ほどのグレイやおもちゃのようなUFOに乗る宇宙人アミもいる

空間の概念のない宇宙人からしてみれば、大きいとか小さいは、あまり重要ではないのかもしれない

UFOが突然現れて突然消えるのは、時空を超越してるから

動きが追えるUFOは、地球製のUFOかもしれない

 

異星人ではないが、4mほどの地底人や巨人もいるようだ

地球が氷河期や洪水になる前、海に沈んだ西洋のアトランティスや東洋のレムリア大陸の生き残りが地球内部の広大な空洞スペースに高度な都市を築いているという・・

彼らは現代人とは次元が違うから、我々が認識できる世界ではないかもしれないが・・

ピラミッドやマヤ文明、モアイ像など巨石建築物は、このような巨人や異星人の装置を使ったとしか思えないぜ

ギリシャ彫刻や兵馬俑などの「完璧で個性のない美術品」は、生身の人間が造ったものではないだろう

日本の古墳の下に作られた巨石の石室もそうだ

古墳は、ナスカの地上絵やミステリーサークルのように、上空からしか形が分からない

 

続いて「妖怪」だ

人間の「念」や「煩悩」の数だけ「妖怪〇〇」や「〇〇魔」がいるような気がするぜ

ちなみに隊長は「そうじ魔」で「探求魔」だ

 

「天狗」は、妖怪とも神様とも宇宙人とも言えるかもしれない

「天の句」と書くから「天の言葉」「宇宙の智慧」である「虎の巻」「法華経」「トーラー(ユダヤ教の経典)」を人類に教えた「宇宙の使い」だと思う

天狗のおでこに乗ってる小さな箱には、法華経が入ってる

宇宙の使者である天狗は、「句」に「けものへん」が付いてる

動物の鹿は神の使いだし、トナカイはサンタクロースの使い、天狗と同じ「真っ赤なお鼻」・・

鞍馬天狗」の話があるように、京都の鞍馬山に9界の菩薩の使いとして降り立ったのではないか

山で人間に生活の知恵や加工の技術、武術の知恵や精神の知恵を与えた

日本伝統の「武術」(柔道・剣道・弓道など)には「礼儀」という「生命尊厳の教え」に近い精神的学びがある

天狗は牛若丸こと源義経に武術を教えたとされるが、武術全般のルーツなのかもしれない

忍者の「虎の巻」や「忍法」、山伏の修行、武士の刀使い、石工や鍛冶屋などへ錬金術や加工技術をもたらしたのだと思う

法華経の教えは、生命の錬金術である「万人の仏性を引き出す事」 

天狗は、一人ひとりの差異・個性を観察し、得意な分野でその能力を最大限に発揮できるようにした

それが、忍者の超人的な能力や日本の職人の腕の良さに繋がったのだと思う

 

忍者の身のこなしは、木の上の猿やネコ科の動物の身体能力を連想させる

恐らく、「宇宙の法則」や「稲作」をもたらしたシリウス星の猫「ニャンコ先生」繋がりなのだろう・・

猫が食べる「ネコ草」はイネ科の植物だし、中国のミャオ族という猫の鳴き声のような民族は「苗族」と書く

”けものへん”に苗で「猫」だぜ・・

猫はパトロールするので「宇宙のスパイ説」があるけど、猫は人類に知恵と癒しをもたらすシリウスの贈り物かも、ドラエモンもだ

隊長は猫が人類に様々なメッセージを与えてるように思えてならない

猫のトイレの砂かけ行為は、「排泄物を土と混ぜ、たい肥を作って循環させろ」って事で、睡眠時間が一日15時間で、陽だまりで丸くなってるのは「睡眠や日光浴は大切、免疫力を上げる」って事

犬のように「負け犬の遠吠え」や「人間に服従する」ことがないのは、「ありのままの自分でいいよ」「人の顔色を伺い過ぎるな」と言われてるようだ

「猿」も「猿の惑星」「孫悟空」「猿飛佐助」から連想して、「モンキーマジック」は、忍者の「忍法〇〇の術」だ

ワイルドだろぅ~?

 

カッパも宇宙人説があるぜ

映画「竹取物語」や「河童」は、宇宙人というスタンス

背恰好が宇宙人グレイに似ている

もしくは、宇宙人が亀をDNA操作して造った生物かもしれない

「浦島太郎」の話が、亀でなく河童を助けて連れて行かれた異世界だとすると・・

 

鬼は、西洋では吸血鬼、日光が苦手

鬼滅の刃」「節分」「ナマハゲ」

いつも悪役だが、人間のために「愛のムチの闇役」をしてるだけだ 

「いい子にしてないと食べちゃうぞ~」と子供に言うが、心の汚れた大人にこそ言ってもらいたいものだ

アニメ「鬼滅の刃」は、忍者の忍術や陰陽道が取り入れられてる

ヒロインのねず子が口にくわえてる竹が、忍者の虎の巻に見えるのだが・・

登場人物の特徴が、ゴレンジャーや、日・月・火・水・木・金・土の象徴みたいな感じ

 

オニの角は「牛の角」、パンツが「虎柄」なのは、鬼門にあたる北東の干支「丑寅(うしとら)」からきてる

鬼の眷属は、夜叉・鬼子母神・餓鬼・羅刹・阿修羅・毘沙門天・吉祥天・竜王金剛力士・ヴァルナ神・ナーガ(蛇)

男の夜叉は「ヤクシャ」と呼ばれ、これは日本の「ヤクザ」のルーツらしいぜ

そして「パンチパーマ」は、鬼子母神の夫の「パーンチカ」から来てるとか、「パチンコ」もそうかもね

「怒りの修羅界」の周波数だ

 

「河童・鬼・天狗」の"日本3大妖怪"は、三位一体・三種の神器を彷彿とさせるぜ

河童は天・陽・父、 鬼は地・陰・母、 天狗は虚空(山)・天と地の中間・子

「カッパ天国・オニ地獄・天狗山」とは上手い組み合わせだ

「天狗温泉」というのがあるが、地獄谷の温泉も使いようによっては天国のような温泉になる(天狗が教えた?)

家庭や社会の対立構造は、最終的には「陰陽5行の元素」に辿り着くのかもしれないな・・

 

最後に、幽霊や生き霊

幽霊がスケスケなのは、粒子(物質)と波動(非物質)の中間というか、中途半端な存在だからだろう

幽霊が生きた人と同じくらいハッキリ見える人がいるが、きっと周波数チャンネルがバッチリ合ってしまうのだろう

「この世をさまよってる霊魂」っていうのは、執着があり重くて宇宙と融合(成仏)できない「かたまり」なんだと思う

生きてる人と同じで、魂の学びが必要だ

足のない「お化けの形」は、そっくりそのまんま、胎児の形や勾玉や太極図の形だぜ

誰しもが「この形」を経験してるんだぜ~

 

生霊は、生きてる人の念が強すぎて(本人は無意識かもしれないが)、その念が粒子になり3D化する

仏法で「貪瞋痴」の3毒というが、むさぼり・欲・恨み・嫉妬・無知は、毒だ

 

では「生命の旅」において、また生まれ変わるシーンだが

生命は宇宙の記録庫からカルマをダウンロードすると「たましい」という「個」になる

「生命」と「魂」の違いだが、「生命」は宇宙に溶け込む気体のような軽い状態で、宇宙全体に近く

「魂」は気体が固まった氷の「塊(かたまり)」のような「個」の状態なのかと思う

 

「二重スリット実験」では、「非物質」だった「波動」は、何かに「観られる」と「粒子」に変化する

これが、「何かのきっかけで生まれる生命の誕生・生まれ変わり」を表してるのかもしれない

この「きっかけ」とは具体的に何なのかだが、それは潜伏してた生命の自然な目覚めだったり、「なんかつまらないから生まれ出よう」という気づきや、宇宙活動の中の周波数の縁に触れたりする事なのかもしれない

 

六道輪廻を卒業した魂は、いつでも好きな時に好きな所に生まれたり姿を借りることができるらしい

しかし、天界以下の六道の段階だと、宇宙の法則を魂で理解できず、「自分の意識で世界を創造できる」「自分の一念で三千世界を創造できる」という概念が持てないのかもしれない

「無知」は、怖いのだ

「知らない」だけで、来世を主体的に造ることができないのだから

 

最後に、「太極図」について

黒と白は、「陰と陽」 勾玉・胎児の形が二つ書かれている

陰(闇や悪)の中にも白(光や善)があるし、陽(光や善)の中にも黒(闇や悪)がある

「十界互具」という生命の基本構造だ

そして、白と黒でひとつの形を成している

どちらか一方だけでは成り立たない、機能しない、という事だ

男性性と女性性、電気のプラスとマイナス、破壊と創造という「ふたつでひとつ」

これは宇宙の両性と極性の法則

 

「形」は周波数(振動数)によって決まる

我々の「心・意識」も周波数を持つ

ネガティブな想いは「角のある形」、ポジティブな想いは、「まんまるの形」

いつも、「まんまるく」いたいものである

 

アメリカ大統領選挙

ハロー、ガンダーラー子です

アメリカ大統領選挙は、シナリオ通り?の波乱の展開・・

目覚めた人はこういう「ドタバタ劇」を、別次元のスクリーンを通して観てることでしょう

既にこの世の「種明かし」を知ってるから、こういう「仕掛け・マジック」に一喜一憂しないのよ

ハリウッド映画を観るような感じなの、混乱の先には明るい未来が待ってるからね

敵対・分断・依存意識が強すぎて争いをしてる人、右往左往して不安に囚われてる人は、まだ修行途中の魂

特に「極性の法則」や「二元論」のお勉強が必要ね

確かに「ウソ」や「不正」を行う人は、どうしようもない畜生奴隷だけど、結局それは「人間の弱さや哲学のなさ・無知」なのよ

そういう人たちに怒りを感じたら、身近な所から無知な人に「人間哲学」や「万物の法則」を語っていけばいいのよ

それが悪を中和する根本解決方法なんだから

対話で「中和」するのよ、暴力による「抹消」じゃないの

「北風と太陽」のお話みたいに、「慈悲の愛」で人間に眠ってる仏心を引き出すの

「愛」と言っても、「優しさ」「気遣い」「寄り添い」「声かけ」「見守り」「笑顔」「挨拶」「おもてなし」「奉仕」も愛よ

「悪」や「魔」は100%完全には無くならないのよ、それが宇宙の十界互具の法則だから

「善」と思われてる方にも「悪」はあるし、「悪」と思われてる方にも「善」はあるの、万物は「十界互具」の構造

仏は、宇宙は、自己確立した人は、常に「中道」「中和」、どちらでもないの、「バランス」よ、忘れないで~

 

菩薩たるもの、武士たるもの、忍者たるもの、心静かに俯瞰して状況を見守ろう、こういう時にこそ内観

選挙結果が不正かもしれないし、結果がひっくり返る事もあるし、急に敵が消えてしまう事もあるし、選挙どころじゃなくなる事もある

自分の「外側の世界」に振り回され、とらわれてたら、ちっとも成長しないわ、全部「自己責任の自分事」よ

これは単に派手好きなアメリカの「演出方法」

シナリオが用意されてて、A作戦とかB作戦とか、ノルマンディー上陸作戦とか、戦争のシナリオと同じよ

トランプさんに投票する人は彼を、「貧富の差の元凶である支配者たちを撲滅する救世主」だと思ってるわ

その可能性は50%くらいあるかもしれないけど、信用し過ぎは禁物

 

ここ最近のこういう状況を見て気づいたのだけど

書籍「21世紀の対話」で、歴史家トインビー博士が、意味深な事を書いてるのよね・・

「人類は、富裕者の貪欲さが貧困層の増大や国際関係の混乱と相まって、いまにも全世界を災禍に陥れようとする事態に、突如として気づくことになるのではないでしょうか」(21世紀の対話[中]P140)

これは、まさに今起こってる「支配者ディープステートの陰謀」や「Qアノン」の運動みたいよね

ディープステートやイルミナティらしき存在については、こう書いてるわ

「最近の驚異的な技術進歩が人類の少数者に新たな力をもたらし、それを彼らが私有化している」

「富裕少数者は自らの欲望を満たすために地球資源のうちのきわめて不当な取り分を消費しています」(21世紀の対話[中]P139)

こういう少数富裕者たちの事を「既成特権階級」とも言ってて

「世界警察軍はまた、現在の抑圧的な既成特権階級を廃絶させなければならないでしょう」(P105)

王室関係についても

「現存する立憲君主制ー日本、イギリスetc.. これらも最終的には姿を消すとしても、それは転覆による消滅とはならないでしょう。たぶん王室や皇室の誰もが、そうした魅力のない職務を継承したがらなくなるための消滅でしょう」(P43)

陰謀論みたいに支配者層や王族が、み~んな悪役とは思わないけど、その「お役目」が終わりに近づいてきてるのは確かだと思うわ

 

そ~、そ~、アメリカがこんなにも「ハリウッド映画的周波数チャンネル」な一方、日本では来週、11/14㈯19時~ BS-255日本映画専門チャンネルで、「日本映画の超大作」として、1973年公開の映画「人間革命」を無料放送するわよ

日本映画・邦画を見るなら日本映画専門チャンネル

 

東宝の「ゴジラ」を生んだ有名プロデューサーの方、完成に1年8カ月も費やした脚本家の方など、その職人技、表現技に感動でした

特に仏法の十界講義は、再現シーンを用いた事で改めて命に刻む勉強ができたわ

丹波さん演じる戸田先生の「投獄→悟り→経営難→菩薩への目覚め」という十界互具を通しての「人間革命」の姿に注目よ

戸田先生が獄中で朝日が昇ると共に悟りを得たハイライトシーンは、ラー子の目覚め体験とも重なって、号泣でした

丹波哲郎さんの、もはや演技とは思えないレベルの完璧な講義のシーン、師弟愛、人間の生き方の、劇中表現も素晴らしい

これ以上人間の深い所を突いた映画はないわね

人間の光の部分だけじゃなくて、闇の部分も敢えて強く表現してるのよ

光も闇も両方あるのが人間や宇宙万物の自然な姿なのよ、キレイごとだけじゃない、これが「十界互具」ってこと

自分の中の光も闇も両方認めてあげて、真摯に自分に向き合って、魂のバランスを取っていこう=人間革命=意識改革よ

これは、今の世界の混乱期に宇宙から届いた人類へのメッセージね

 

この後の1976年には「続・人間革命」が公開され、その年の映画興行収入では、あの「犬神家の一族」を超えてトップだったわ

「続・人間革命」の主演は、あおい輝彦さんなんだけど、あおいさんは犬神家の一族でも「スケキヨさん」役で出てるのよね

あのゴムマスクの人よ

あと、湖に浮いた逆さ死体の2本の足も、有名よね

うちの夫は、洗濯モノのズボンを干す時、なぜか逆さまにして「犬神家干し」をするのよね・・

 

あおい輝彦さんは1988年から水戸黄門の3代目「助さん」役だったこともある

「スケキヨ(佐清)」さんと「助さん(佐々木助三郎)」で、両方スケさん・・

水戸黄門はの印籠は「あおいの御紋」、あおい輝彦とう名前・・

彼は元、ジャニーズ事務所

ラー子は以前、ジャニーズ事務所に納品する品を手配してたわよ

シンクロする点が多いので、気になります

 

ちなみに、「スケキヨさん」は、そのキャラが強烈だったのもそうだけど、私の祖父が「清」って名で、父親が「清治キヨハル」で、あだ名が「キヨさん」だったから、なんとなく他人事に思えなかったのよね~

 

犬神家の舞台は長野県の諏訪湖なの、ユダヤ12支族で有名なね・・

金田一さんは、いつもその土地に伝わるわらべ歌や民謡や言い伝え・伝説の中からヒントを得るわよね

そういう中に、真実が埋もれているのをよく知ってるのよ

作家の横溝さんは、いろいろ「暗号」を残してるわよ、面白いわね・・

 

古墳の真実

ハロー、ガンダーラー子です

最近、「古墳」がちょっとしたブームみたいだわよ

9/22にNHKで「ミステリアス古墳スペシャル」をやってたわ

日本全国に15万もの古墳があるのよ、すごい数ね

我が故郷の埼玉古墳群も、この番組で紹介されてたわ

しかもゲストが、ゴダイゴのタケカワさんで、「ガンダーラ」の事も言ってた

彼は浦和のご出身で、古墳マニアなんだって

 

前回の記事で江戸城の事を書いたけど、馬場先門の近くには何故か「楠木正成の像」が建ってるの

なんでかなと思って調べたら、彼は鎌倉時代後醍醐天皇に仕えて、幕府を倒すのね

鎌倉幕府といえば、日蓮を迫害した北条一族よ

隊長がいつも言ってる3役者(光・闇・裏方)の構図が見えてくるわ

光役が後醍醐天皇の朝廷側で、闇役が北条家の幕府側で、裏方が楠木正成や忍者チーム

 

楠木正成の妹は、あの忍者服部一族系の権世家へ嫁いだのよ

その子孫が能楽観阿弥世阿弥なんだって

能楽者は全国を巡業するから、これが忍者やスパイの諜報活動と重なるのね

「能面のような顔」は、無表情のポーカーフェイスってことだからね、忍者スパイには必要な技術

舞台役者の演技は、スパイ活動で変装するために必須よね

ラー子のご先祖様に「山下半左衛門」という人がいて、ググると何故か「江戸時代の歌舞伎役者」山下半左衛門(1652‐1717)と出てくるの

でもご先祖様は、1800年代に生まれたっぽいから、別人なのだと思うけど

歌舞伎は能楽から発展したものだし、忍者系ってことだから忍藩と関係あってもおかしくはないわ

 

服部一族といえば、陰の軍団(昔の千葉ちゃんのドラマ)の服部半蔵だわ

ご先祖様がいた馬場先門の反対側には「半蔵門」があるわ・・

まさか、ここで忍者系と楠木正成世阿弥後醍醐天皇が繋がってくるとは思わなかったわね

だからラー子は「ゴダイゴ」やスパイ映画が好きだし、旅や調査が三度の飯より好きなのが納得できるわ

金田一さんみたいな探偵にでも転職しようかしら(笑)

 

で、古墳の話だけど、埼玉古墳群の稲荷山古墳で見つかった国宝の鉄剣には文字が残されてて「辛亥の年7月・・」と始まるのね

辛亥の年とは、60年に一度巡ってくる「イノシシ年」のことで、この時の時代は471年の事

471ね、シナナイ→死なない→魂は永遠・・ そこんとこヨ・ロ・シ・クゥ~(4649)みたいなね(笑)

ラー子が生まれた1971年も辛亥の年

中国の清(しん)のラストエンペラーを終わらせた孫文の「辛亥革命」も1911年で、辛亥の年

ラー子のおじいちゃんの名前は「清」キヨシ、父は清を治めると書いて「清治」・・シンクロか

 

鉄剣を作らせた埼玉の豪族は、奈良の雄略天皇の宮殿(現在は奈良県桜井市という説)の元で杖刀人じょうとうじん(大刀をもって大王の宮を護る人)の首かしらを務めたと書いてあるの

この鉄剣文字のおかげで、雄略天皇の実在を証明できたってワケ

 

それで隊長が言ってたように、ラー子と忍藩と埼玉古墳群との関係性が見えてくるわ

このように王に仕えるお仕事は、江戸時代の忍藩が徳川幕府の元で警備をしていたのと通じるわね

雄略天皇伊勢神宮外宮を建立したし、伊勢は忍藩と繋がるわ

なんと伊勢国三重郡八王子村(現四日市市)など7つの村が忍藩領だったのよね

ちょうどラー子が生まれる100年前の1871年の廃藩置県まで、伊勢に忍藩の飛び地があったの

伊勢国三重県といえば、伊賀の忍者よね

しかも、雄略天皇の宮殿の辺りは、後の飛鳥時代大和朝廷が築かれた明日香村よ

 

またしてもここで、シンクロ(一致)が出てくるわ

八王子村といえば、学生の頃「八王子」に住んでたし、

明日香村といえば、数年前に東京北区のアパート「明日香ハイツ」に住んでたわ

王子にある飛鳥山公園も比較的近かったし、会社の研修で飛鳥山の「紙の博物館」へ行ったし

ちなみに「渋沢栄一資料館」もあるわよ

飛鳥山公園の桜は、八代将軍徳川吉宗享保の改革の施策のひとつなんだって

やっぱりここでも、徳川とのご縁があったわね

 

そういえば、古墳の形である「前方後円墳」って、不思議な形

実はコレ、丸と二等辺三角形を組み合わせた幾何学模様

ラー子的には、○が女性性で、△が男性性でその両性の組合わせや陰陽の象徴みたいに思えるわ

○だけでできてる「丸墓山古墳」もある

テレビでは、この前方後円墳の形は「ヤマト朝廷と繋がってるよ」という壮大なサインだと言ってた

でも、上空からしかその形は見えないわよねぇ?

宇宙人にでもアピールしてたのかしら

 

世紀の発見者HIROSHI HAYASHI 先生のYouTubeでは

古墳は人間の墓になる前から存在してて、ナスカの地上絵のごとく、空から見る事を前提にして作られてる

古墳の多くは、世界中の遺跡や地上絵などのパワースポットがある方向を示してる

それ故、古墳は元々UFOのための標識や発着場だったのではないか、って

そういえば埼玉古墳群は、みんな同じ方向を向いてるわ

 

又、石室のある古墳はレプ系異星人が家畜の人間を餌として食べるための生贄の箱だと

日本に「石室」や「支石墓(しせきぼ)」と言われるナゾの石の箱や石組みがあるわ

コーカサスの「ドルメン」というものは、巨石が箱型に組まれてて、子供が入るのにちょうどいい丸い穴が開いてる

古墳の墓には「埴輪(はにわ)」を一緒に埋葬するわね、埴輪が作られる以前は、生身の人間だったみたいよ

レプちゃん達への生贄とも繋がるわ

 

石室の緻密な石組みといい、支石墓の屋根といい、石の上にどうやって巨石を載せたのかしらね

巨人の異星人が担ぐか、異星人の反重力装置やマッスルスーツとか使って持ち上げるのかな

モアイ像、ストーンヘンジ、ピラミッドの巨石もそうだけど、地下に何かあるかもね

 

大和朝廷だった奈良県の明日香村は、巨石のワンダーランドよ

おおよそ人間が持てるような大きさじゃない謎の巨石たち、亀の形の石もあるわ

天文図や四神(玄武・青龍・朱雀・白虎)壁画のキトラ古墳

玄武とは、カメとヘビの図で、冥界と現世を往来してる水の神、陰陽の象徴

インドの宇宙観は、亀の上に地球があって、ヘビがカメをぐるりと取り囲んでる図よ

亀って各地に多くの像があって、亀の上に菩薩像や塔が乗ってたりするけど、

どうやら古代の人がUFOの形をカメと同じに見たからみたいよ

浦島太郎もカメに乗って竜宮城へ行ったし、ドラゴンボール亀仙人が出てくるしね

三重県亀山市には、ヤマトタケルの墓(能褒野王塚古墳)があるし、宇宙服説の「遮光器土偶」は青森の亀ヶ岡遺跡

カメを逆にしたらメカ=機械・装置の意味よね・・

 

大阪の16代仁徳天皇の古墳や21代雄略天皇の島泉丸山古墳などの多くは宮内庁が管轄してて、中の調査ができない

調査したら宇宙人との関係が明らかになるかもね

南米チリなどで見つかってるような、頭の長い頭蓋骨や背骨の両脇に骨が生えてるような「異星人の骨」が出てくるかも

宇宙デビューと同様に人類の魂の成長を待って、みんながショック死しないように様子見してるのでしょう

 

さっき、古墳での「いけにえ」の話をしたけど、遂に民放テレビで取り上げられたわね、コレ

2020.10.3 TBS 【報道特集】NEW CHANNEL

「聖職者による性的虐待を実名告発」

被害者の女性は、司祭やカトリック仙台司教区などに5100万円の賠償を求める訴訟を起こした

他にも自分のような被害者を出したくないと思った、世界中の人に勇気を与えたい

今、世界中で深刻な問題になっていて、日本でも次々と声が上がってる「小児性愛者問題」「ペドフィリア問題」

聖職者や政治家に多いというが、自分を偽る人ほど闇が深く、それ故に真逆の純粋な子供の命を欲するのだろう

 

こうして声を上げた人の勇気ある告発に、敬礼です

自分の心の闇に正面から向き合って、自分を救うため、他者を救うために勇気を振り絞ったのよね

思い出したくない過去やトラウマなど「人生の十字架」を背負って生きている人は多い

でもその闇を出し、勇気を出して公に言うことができた人は、人生の十字架を降ろすことができる

「十字架」という「運命」を「使命」に変える選択もできる、勇気ひとつ、心ひとつで

変毒為薬よ、毒を薬に変える

エスキリストも、その法則を使ってキリスト教を世に広めたのかもね

闇が強いほど、その闇を中和するのには少しマゾ的で不軽菩薩的な強い「愛」を用いる

「汝の敵を愛せ」や「石を投げられてもあなたを軽んじません」みたいな

闇が深い人ほど、愛に飢えてるのかもしれないわ

ラー子は、コテコテ愛は苦手だから、仏教的な中道愛のほうがいいかな(笑)

昔、「オレたちひょうきん族」の中で、「ひょうきん懺悔室」ってあったけど

「懺悔ざんげ」は、心の闇を告白し外に出して自分を浄化する効果があるのね

 

あと、「聖職者とは何か」を問う課題もあるわ

聖職者という立場上、彼らも「清らかであり続けなければいけない」という「十字架」を背負ってるわ

だから心に闇が溜まってて、その反動で不道徳な事に手を染めてしまった

最近有名人でも、普段は「いい人」だったり社会貢献やボランティア活動してる人が、なぜか暴力や麻薬で捕まってる

無理して自分にウソついて世間体気にして仮面かぶって忖度したりカッコつけたり建前ばっかりで、本音で生きてない

真逆の行為をとることで、魂はバランスを取ろうとするわ

今世で闇を出しておいたほうがいいわよ、墓場まで闇を持っていったら来世はどうなることやら

聖職者も神も菩薩も宇宙も「十界互具」なんだから、いつも「いい人」なわけじゃない

宗教組織に限らず「権威のピラミッド」や「マウンティング」は時代遅れ、もう無くなっていく「時」なの

 

この問題は、「人身売買」に繋がってるわよ、アメリカで話題沸騰中の

前述の古墳の「いけにえ」からも分かるけど、鬼のナマハゲは子供を食べちゃうでしょ、昔から普通にあるのよ

世界史を見ても、男色好みの王様や芸術家も多くて、少年を囲っていたでしょ

赤い靴履いてた女の子は、異人さんへ売られ連れていかれちゃったし

日本の遊園地「夢の国」でも、誘拐事件はある

ラー子は、父親から「いい子にしてないとオモライさん(ホームレス)に連れて行かれちゃうよ」と脅されたわ(笑)

彼らは冥界の使者なのかしら? 確かにホームレスは浮世離れしてるし、一匹オオカミ的で仙人みたいな感じもある

 

この平和そうに見える日本、届け出があるだけでも毎年8万7千人も「行方不明者」がいるわ

自殺者だって毎年3万人・・ 内戦とかしてる国で死ぬ人の数より断然多いのよ

これが本当に平和な国と言えるかしら? 「無知」って怖いわね

こういう「不都合な真実」をあまり表に出さないで、どうでもいい番組ばかり放送してるこの国、腐ってるわ

でも、腐った果実は地面にボトボト落ちて土に還って、新しい芽を出すからね

ということで、またねチャオ!

 

江戸城丸の内のメッセージ

お久しぶりね、ガンダーラー子です

いや~「世界青年部総会」のライブ配信、感動の涙だったわ~

中継会場に設置された360度のモニターに映る、世界のSGIの仲間たちの笑顔が素晴らしかった

世界はひとつ、宇宙はひとつ、自分はみんなと繋がってる存在なんだって思えるわ

We are the world, We are the ONE, We are the Oneness.

みんなが宇宙空間に輝く星々に見えたわよ

そして、師匠が書にしたためた「誓」という文字

まさにあの場所は法華経の「虚空会」の再現のようだわね

久遠の昔に人類救済の誓いをした「地涌の菩薩」が世界中から集って、みんな宙に浮いてた(笑)

世界のスターシードたちが、国を超えた仲間に手を振ってご挨拶

みんな、はるか昔に誓った役割を、思い出せたかしらね

 

隊長が言ってたわね、「このコロナ禍は、新しい世界システムに移行するために仕掛けられたシュミレーション(模擬実験)」って

うん、確かにそれはジワジワと実感しているわ、宗教や労働や政治に続々と「革命」が起こってる

ラー子のお勤めする会社は、9月下旬から正式に月の半分が在宅勤務になったわよ、有難いわ~

ほんと、この20数年間、よくぞ通勤電車やら週5日の8時間拘束に耐え抜いたわ・・

銀行も金融デジタル化によって全国の支店が淘汰されてるし、飲食チェーン店なんかも縮小の流れね

こうして発生した貴重な時間を、自分のため、人のため、新しい地球社会のために使わないとね、ボ~ッとしてたらすぐに「拘束」の波動に巻き込まれちゃうからね

 

一方で、これまでとあまり働き方や労働時間が変わらない人もいると思う

宇宙視点で観たらそれは「自分でそう設定した役割」なのかもしれないし、労働が生きがい、楽しみということもある

もし労働時間を減らしたいのなら、減らした分は何をするのかを設定しておかないと実現は厳しいかも

勉強するとか、自分探求するとか、体調を整えるとか、家族に優しくするとか、具体的に決める

あと常識に囚われて「週5日8時間労働」が当たり前と思ってると、その思いや意識がそのまま現実に投影されるからね

それと、モノや食べ物を必要以上に消費してると、その「消費」した分に比例して自分の「労働」は減らないかもね

「需要と供給」「消費と提供」という両極の法則によって、消費したらその分提供するようなシステムになってるから

「ひとつ何かを得たら、ひとつ何かを失う」「人を使って何かを得たら、その分自分の時間や何かを人に使われる」ってこと

この法則を心得てる人は、スナフキンのような、ミニマリスト的哲学者よ

 

「宇宙視点」と書いて、思い出したけど

プロビデンスの目」って、あるでしょ? 1ドル札の裏のピラミッドの頂点にある目でフリーメイソンの象徴とされるやつ

ピラミッドの三角形は、三点を結ぶから「三位一体」の象徴で、プロビデンスの目は、「神が全てを見通す目」「節理の目」のことよ

日本では、「おてんとう様が全てお見通し」とか「仏の眼」に当たるわ、ゲゲゲの鬼太郎の「目玉おやじ」もそうかしら

人間のする事は全てマルっとお見通しってことだけど、要するに自己宇宙に見られてるってことよ

己心の仏界に住む「私仏」や「内在神」に見られてるってことね、だから「あの目は、自分の目」

悪魔の囁きも、天使の微笑みも、魔が差すのも、仏心も、みんな自分に宿る十界のしわざ

その「私仏」は、あなたが声聞界で気づき、縁覚界で節理・真理・心理を悟り、菩薩界で役割を思い出すのを待ってるわよ

 

つーことで今回は、「江戸城丸の内のメッセージ」についてのお話だけど

ラー子は働き出して最初の20年間は、東京丸の内のオフィス街だったのね

皇居の周りの松林の芝生でランチしたり、オフィスの窓からお堀の白鳥さんを眺めたこともあったわ・・

なんて当時の思い出に浸ってたら、気づいちゃったわけ

その皇居のお堀の辺りって、昔の江戸城の「馬場先門」なんだけど、津本陽の小説「開国」に、忍藩主である「松平下総守(松平忠国)」の上屋敷がこの馬場先門にあると書いてあったのを思い出したわけ

「~守」っていうのは、その地域の警備などの担当者って意味よ

そこでネットで、江戸城の古地図(御江戸大名小路絵図)を見てみると、馬場先門を入ってすぐ右手に「松平下総守」と本当に書いてあったわ・・

藩主の屋敷だったってことは、その家臣(部下)であるラー子のご先祖様も居たに違いないわ

だからその「縁」で私は馬場先門の目と鼻の先で働いてたのね

しかも、その屋敷は明治になってからは、あの五百円札になった「岩倉具視」が住んでいたそう

岩倉具視の末裔は、加山雄三さんや喜多嶋舞さんよ

昔、加山雄三さんのヨットを三崎港で見たことがあったような・・ 湾岸警備・船繋がりか?

もちろん今現在は屋敷の跡形もなく「皇居前派出所」があるわ~

 

そして、もうひとつ「意味深」なことがあった

松平下総守(忍藩主)の屋敷の近所には、「松平土佐守」と「松平阿波守」と「南町奉行」が並んでたの

土佐(高知)と阿波(徳島)は、ラー子が去年4月に友人を訪ねた場所とシンクロするわ、

下総は千葉だし、今住んでるのは千葉県、やっぱり縁があるのね

この江戸城(皇居)と高知と徳島は、パワースポットで知られるレイライン上でもあるしね

 

松平土佐守の家紋は、土佐山内家の「三つ柏」なんだけど、これと岩崎家の「重ね三階菱」が組み合わさって「三菱のスリーダイヤ」のマークが出来たのよ

ラー子の勤める会社は、三菱グループ

それに今住んでる町や過去に住んでた町は、偶然にも徳川家の元鷹狩場や馬の牧場だった場所

ご縁ってすごいわね、みんな繋がってるのね

南町奉行といえば、「大岡越前」や「遠山の金さん」で有名な場所

現在の有楽町駅前、有楽町イトシアの広場にあったのよ、「南町奉行跡」の石碑が立ってるわ

 

「三菱のマーク」も、よく考えたら「三位一体」かもしれない

3つの羽のバランスが取れる時、風車は回り出すの

風車の弥七ね、ニン・ニン・・

 

徳川家の「鷹狩り」繋がりで、ひとつ考察してみたわ

動物の中でも特にネコ科とサル科と猛禽類が好きな私・・

そんなラー子が昔から気になってるのは、「おでこが狭くて髪の毛の密度が濃くて毛根が立ちぎみな人」(笑)

たまに見知らぬおじさんで、「おでこが狭くて白髪でオールバックで前髪が立ちぎみな紳士」を見ると、「おお、白頭ワシさんだ~カッコイイ~」と思ってしまう

そういえば自分もバブルの頃、ロングソバージュ・ヘアで前髪にハードスプレーしてオッ立ててたわ・・

 

隊長の「宇宙人図鑑」によると、「ブルーエイビアン」っていう2m以上ある顔が鳥で体が人間の青い鳥型宇宙人がいるそう

画像を見せてもらったら、やっぱり髪が立っていて、クールだったわ(笑)

ネコ科はシリウス系で、鳥類はプレアデス系だとも言ってたわ

どちらも地球人を守ってる存在らしいから、これがいわゆる「青い鳥伝説」になったのかしらね

 

ということで、みんなも自分の「日常に潜む暗号やメッセージ」を探してみてね

よく見る数字や図形、妙に気になる、縁がある人、モノ、事、ダジャレや語呂合わせ

「空耳」もチェックよ、自分の名前とか、母音(あ行、か行、さ行、ら行・・)にも意味があるわよ

じゃあまたね、チャオ!

 

「陰謀論や都市伝説」の先にあるもの

どぅも、隊長です

先日のニュースで外務大臣が公にUFOの事、言ってたな~

(引用)

”9月8日の会見で、記者からの「UFOの対処方針について」の質問に、「対処方針については、もう間もなくでございます」と答えた河野防衛相。

自衛隊機が、万が一UFOに遭遇した場合の撮影や報告の手順に関する対処方針を、近く決定すると明らかにした。

「先日のグアムでのエスパー長官との会談の中でも、話題にのぼりました。詳細について、つまびらかに申し上げるのは差し控えたいと思います」と述べ、日米で連携してUFOに対処していく考えを強調した。”

 

UFOや宇宙人とは仲良くしようぜ、俺たち人類は心や人徳、境涯のレベルを試されている

自衛隊の戦闘機に、♥WELCOME♥LOVE & PEACE♥とかドラえもんのシールを貼って友好アピールしておいたほうがいいかもしれないぜ

最近は、宇宙人以外にも「未来の地球からタイムトラベルでやって来た未来人」もいるなぁ

こういったUFO出現の「演出」も、宇宙のシナリオだ

ただ、まだ人類は魂レベルが幼く中2病が多いから、18禁・R指定に引っかかって「宇宙映画」を上映できないでいるだけだ

 

地球はヴァーチャル実験場で人類のDNAは創造主である生命体に操作されてるから、9割が眠ったまま

だからすぐ怠惰になったりネガティブ思考や依存思考に偏っちまう

このDNAプログラミングやマスコミの洗脳によって、人間がどれだけの間、目を覚まさないままでいるのか実験中

このコロナ禍も、新しい世界システムに移行するために、全世界に仕掛けられたシュミレーション

これだけ貧富の差を演出したり、週5日8時間以上も労働拘束したり、病気にしたり、死に追いやったりしてるのに、皆様、鈍感なのかお勉強不足なのか、なかなか気づかない

既に一部の人間は、そのカラクリに気づき、自力でこの麻酔から目覚めて宇宙意識と繋がったが、まだ数割

ただ気づいて自分を信じるだけなんだけど、それが難しい・・

コロナ禍でこの程度の目覚めだと、もっとインパクトのあるイベントが必要だ

「ショック療法」で、人類の多くがこのプログラミングの麻酔から一気に目を覚ますかもしれない

ちなみに隊長は、胃カメラ検査の静脈麻酔も効かなかったぜ、ワイルドだろぅ~?

検査の途中で目がパッチリ覚めちまって、オェ~となった・・

あ、この場合の麻酔は早く目覚めないほうがいいけどな

 

そうそう、先日の「やりすぎ都市伝説3時間スペシャル」は、見たかな?

あばれる君が山伏の恰好して、山登りを頑張ってたな~ 何事も一生懸命な姿は光々しく神々しいね

山伏がおでこに乗せてる黒い小さな箱って、不思議だよね

ああいう宗教的な黒い箱を額につける民族は、ユダヤ人と日本人だけだぜ

あの黒い小箱は「頭襟(兜巾)ときん」と言う

頭襟(兜巾ときん)には、法華経の経文の句を入れる場合があるという

ユダヤ教徒の額の黒い小箱は「ヒラクリティ」といい、モーゼ5書と言われる聖書の一節が入ってる

法華経日蓮の御書(ごしょ)→モーゼ5書(ごしょ)・・・

予言者日蓮預言者モーゼ・・ 

 

天狗は山伏の恰好をして、手にはウチワと「虎の巻」を持ってる

忍者は「虎の巻」を、山の神である天狗から授かるのだそうだ

「虎の巻」とは忍者が変身する時に口にくわえるヤツだ、ニン、ニン・・

山伏と忍者は、深い関係があるぜ 忍者はいわゆるスパイだから山伏や虚無僧、僧侶や町人に成りすますんだ

隊長の祖先は江戸時代に忍藩で働いてたから、もしかしたら「忍びの者」だったかもしれないぜ

ドラマ「陸王」の足袋シューズを履いてね・・

ユダヤ教では、旧約聖書の最初の5冊のことを「モーゼ五書」や「トーラー」と言って、巻物の形をしてる

「虎」と「トーラー」・・ 

日本に虎はいないから、虎という字は音を当てただけだ

宇宙の言葉は周波数でできてるから「音」がヒントになるぜ、まさに「空耳アワー」だぜ

「空の耳」、空とは天、宇宙だ

 

最近はYouTubeで 宇宙語を話す子供や大人がいるけど、中には「お経」みたいなやつもあるぜ

要は、言語が違っても同じ周波数を発していれば、同じ意味だということだ

よく日本語の「ありがとう」という音は、波動がいいなんて言うね

例えば外国人や異星人に「ありがとう」の日本語が分からなくても、周波数の波動で心では通じてるんだぜ

 

この頭襟の黒い小箱は、日本の神輿やユダヤ教のアーク(契約の箱・静謐)が由来かもね

日本の「神輿」と、ユダヤの「アーク」はそっくり、上部に鳥が乗ってるのも共通

おまけにイスラム教のメッカ(サウジアラビア)の広場にある「カアバ」という黒い神殿にも似てる

神輿の中には神霊が入るとされてるし、大きめ山車には人間の肉体が乗ってる

京都の祇園祭の山車には、イスラエル画のペルシャ絨毯が飾られている

祇園祭と徳島の剣山の祭りは7月17日で、ユダヤのシオン祭(ノアの方舟アララト山に漂着した日)と同じだ

「ぎおん」と「シオン」で、これまた空耳~ 周波数が同じだぜ

 

ユダヤ教のアークの中には、10の戒めが書かれた十戒の石版が入ってる

キリスト教の聖櫃には、聖人の不朽体が入った箱、つまり棺で人間の肉体が入ってる

山伏の頭襟の中には法華経、つまり「南無妙法蓮華経」が入ってる 

南無妙法蓮華経とは、①十界を宿す生命(魂) ②宇宙の法(7つの法則)  ③7つのチャクラを持つ肉体 の事

まるで「三位一体」や「三種の神器」だ・・

キリスト教の三位一体  ①聖霊(スピリット) ②父なる神 ③神の子イエス

ユダヤ教三種の神器 ①壺 ②杖 ③石版

神道三種の神器   ①鏡 ②剣 ③勾玉

つまり、①は女性性の象徴 ②は男性性の象徴 ③は子供の象徴 だ

 

更にここから曼荼羅の暗号が解けるぞ~

曼荼羅に書かれた「天照大神」は全生命に備わる女性性、

八幡大菩薩」は男性性、両方を兼ね備えた生命が南無妙法蓮華経

平たく言うと、女性性の優しさと創造作用、男性性の強さと破壊作用、両方とも持つ自分

全ての人に女神や菩薩と等しい生命がDNAに眠ってるぜ

曼荼羅の巻物は、まさに「虎の巻」だね

 

あと、「三位一体」は、「生命の木・ツリーオブライフ」にも当てはまるか

①根っこがお母さん ②幹がお父さん ③枝葉が子供たち

長野県諏訪神社の奇祭「御柱祭」は、②の木の幹を転がす男性性の象徴だ

ユダヤ教では木の神を「アシラ」と言い、仮庵の祭り(ヘブライ語でスコット)がある

「はしら」と「アシラ」・・ 空耳アワ~

 

この黒い箱、「契約の箱・アーク」は、パンドラの箱なのか?

パンドーラーとは「全ての贈り物」という意味だ

この「全ての贈り物」が世界に公開される時、人類の眠っていたDNAが目覚め、みんなが宇宙意識と繋がるのだろうか・・

 

今、コロナ禍になり、「人間同士が横の繋がり」=「助け合い」をすることによって、支え合っている

国同士も「情報隠蔽」してる場合ではないし、会社も淘汰されて「特許や企業秘密」にこだわるどころではない

宗教界もそうだ「あんたん所の教えは間違ってるとか認めない」とか言うのは横に置いといて、お互いがお互いの教えを覗いてみると、あら不思議、共通点がいっぱいあるじゃないの、となる

最終的に目指す所が、世界平和と人間の幸福と平等、地球愛や自然愛ならば、いいじゃないの

隊長自身、長年信じていた仏教の世界を抜け出して他宗教のお勉強を始めたからこそ、悟り=差とり を得られた

人類一人ひとりが自身の「闇」や「壁」を克服する時、パンドラの箱は開くかもしれないぜ

 

テレ東では、過去に「都市伝説」以外の番組でも「日本とユダヤ」の関係に迫った番組を放送してる

*「新説!? みのもんたの日本ミステリー」より「天狗の正体は古代イスラエル人」You Tubeあり

テレ東の「Youは何しに日本へ」の日本大好きYOUたちは、日本に祖先のルーツがあるユダヤ人の血統を持ってるかもしれないな

先日やってたNHKの「クール・ジャパン」でも「日本の音楽」に関する話題で

イスラエル人女性が「演歌が好き、あのモノ悲しげなメロディーがいい」と言ってた

そりゃそうだろぅ~ 日本とイスラエルは、兄弟だからな

演歌や民謡はヘブライ語がルーツ、「哀愁」や「孤独」さえも認めて愛する

 

余談だけど、今海外では日本の「シティ・ポップ」と言われる、1980年代のニューミュージックがブームらしいぜ

日本人がブラジルの懐メロ「ボサノヴァ」をオシャレに思う感覚と一緒か? 曲の完成度も素晴らしいしな

ニューミュージックといえば、山下達郎竹内まりや・杏里・角松敏生・・

当時はまだレコードとCDが混在の時代、ツタヤなんかもないぜ、「レンタルレコード店」で借りるんだぜ、ワイルドだろぅ~?

懐かしいな~ 懐かし過ぎて泣けてくるぜ・・ サウージ・サウダージ・・(懐かしさに乾杯)

ちなみに隊長にとってのシティ・ポップ御三家は、稲垣潤一山本達彦杉山清貴だぜ

 

ところでみんなは「陰謀論」や「都市伝説」についてはどう思ってるだろか

都市伝説や陰謀論で、この地球社会の洗脳から目覚めても、それは単に物質社会で目覚めただけに過ぎないぜ

陰謀論にはその先があるぜ、洗脳から目覚めた先には、更に別の学びや目覚めが待っている

それは「二元論」の価値観や物質世界を超えた「心・精神世界」での目覚めだ

 

陰謀論で、闇や悪に振り回されてるうちは、まだ「善悪の二元性」のステージ上に留まり執着してるという事だ

六道輪廻をまだ回ってる状態だ

信じるか信じないかはあなた次第です」というように、その人の持ってる魂の周波数によって、陰謀論チャンネルの見え方は様々だ

本当にそれが悪の陰謀なのか、苦肉の策なのか、思いやり対策なのか、愛のムチなのか、カルマの回収なのかも、個人の持つ周波数によって捉え方が異なる

「真実はあなたの心の宇宙にあります」ということだ

だから「その陰謀は本当なのかウソなのか」、「良いのか悪いのか」を深く追求し執着して他人と争うのはあまり意味がない

ただ、今まで陰謀だ都市伝説だとバカにされてきた事が現実化してるのは確か、集合意識が創造したってことだ

 

隊長にとっての「陰謀論」や「都市伝説」は、宇宙への目覚めの「きっかけ」、謎解きゲーム

壮大な陰謀で有名な9.11から今年で19年、アメリカ人の3人に1人は陰謀だと信じてるという

そもそもビルがあんな短時間でキレイに崩れるのは解体屋さんもびっくり、飛行機もホログラムで音は合成に感じるぜ

9/18の都市伝説でも言ってたぜ

「主人公のネオが持っていたパスポートに描かれていた有効期限は2001年の9月11日で、アメリカ同時多発テロ事件の年月日」

マトリックスの公開日は1999年9月11日である。ネオが働いていたのはニューヨークの高層ビルのオフィス」

「日本公開時のキャッチコピーは「なぜ気づかない」だった。」

アメリカ人の3人に1人は、この日を境にネオと同じくこの世の茶番劇から目覚めたんだろうな

そろそろ公に種明かししないのかと思うが、まぁ公にすると目覚めてない人はパニックになるし、犠牲者のことを思うと、なかなかそうもいかないのだろうね

宇宙人が種明かしすれば納得するかなぁ

 

日本では、「日航ジャンボ機墜落事故

真相暴露の本を知ってるか? 映画「沈まぬ太陽」も有名だが

エゴやプライドや保身に走った人間たちの集合意識が起こした「闇の集大成」のドラマだね

真実を墓場まで持って行った当時の総理大臣の出身地は、墜落した御巣鷹山の麓の町という暗号付きだぜ

いまだに人間社会では、あまりにもエゴや自己の保身に走り過ぎて「社畜」と言われるような畜生に成り下がった大人が多い

半沢直樹のように、勇気をもって会社の闇と智慧で戦ってもらいたいぜ

戦争も、神や天皇という偶像に依存してしまった日本人の「依存意識」が軍部という「支配組織」を現実化したんだぜ

 

陰謀のワナに気を付けろよ

陰謀を知ったことで、闇を怖がったり無力感に陥ったり悪に恨みや怒りを抱いて、心の波動を下げないようにな

こんなにも濁悪で不平等で理不尽な社会を憂いて感情的になるのは、ごく自然なことだけど、過剰に反応し過ぎると波動が下がり、それこそ陰謀論の罠・二元論の罠に落ちてしまう

人間にネガティブ感情を持たせるのは、闇チームの目的だと気づいてくれ

「ほんと人間という生き物は、バカで幼くて救いようがないぜ~」 くらいの呆れる気持ちでいてくれ

そして全てがバーチャルで、生命の修行課題だということを忘れないで

肉体は仮の姿だし、辛い出来事は思い出したり観察したりしなければ、「存在しない」し「幻想」だ

これは量子力学の法則だ、君の後ろの世界は振り返って見たり聞いたり、誰かが観察しなければ存在してない

この社会が辛いのなら、自身の闇に向き合い認め、一人ひとりが意識改革で智慧と勇気と強さを持つことが、政治の闇、社会の闇を消滅させる唯一の方法だ

 

あと注意するべきは、悪を知りすぎると「闇に飲まれてしまう」ことがある、ということだ

敏感な人間は、その闇があまりにもダーティー過ぎてショックを受け、闇の低い波動に巻き込まれることがある

この汚れた世界で生きていく気力を失い、世間から隔離し、引きこもり、別の世界で生きようとする

その別の世界とは、精神世界だったり、ネット、ゲーム、漫画、アルコールやドラッグだったり・・

敏感な人ほど、この支配された世界では正気を保てない

情緒不安定やウツを発症し、この世から逃げる方法を自ら取る場合もある

 

又、この支配型世界を変えようと勇気を持って発言、行動してきた人は、多くが闇に消されてしまった

それも、その人が決めた運命っちゃ、運命で、そういう役割なんだけど・・

それにしても自殺する人、多いよね・・ 

他殺かもしれないし、フェイク死かもしれないが・・

尾崎豊が「こ~の(支配された)世界からの、卒業・・」と歌ってるように、手遅れにならないうちに、みんなに目覚めてもらいたい

この幻の茶番劇の投影世界や六道輪廻から、生きてる内に卒業してもらいたい

だから隊長は、早まって肉体を絶つ人に何とか生きるヒントを与えて思いとどまってもらいたい気持ちで書いてるぜ

 

自分も怒りっぽいしHSPで敏感だから結構ヤバイんだけど、

陰謀論を見る時は、「5次元チャンネル」の高い境涯で俯瞰して見るようにしてる

手っ取り早いのは、「善悪の二元論」を超えて「中道」になる事

宇宙に善悪の概念はない

魔と菩薩、悪魔と神、バカと天才、コインの表と裏は、表裏一体、紙(神)一重

666は聖書では悪魔・獣の数字、仏教では6が三つで弥勒菩薩

6-6-6 六道輪廻にどっぷりな生命は、悪魔・獣(畜生)の影響を受ける

裏を返せば9-9-9 の菩薩界、六道を卒業し、魔に影響されない

西洋では魔に「悪」がついて「悪魔」というが、仏教では「魔」や「魔王」と言って「悪」は付かない 

本来は、魔に善悪の区別がないからだ

 

「宇宙デビュー」のイベントの前に、「中道」をトレーニングしておくことをお勧めする

これまでの常識がひっくり返る事で強いショックを感じると、精神的にやられてしまうからね

覚醒すると、この世の罠・トラップ・違和感に気づくので、一見良さそうに見える事でも、一歩引いて観てみると「裏」が出てくるぜ、 「ワクチン」とかな・・

まず、そのワクチンを導入する厚生労働省や政治家さんたちに、試しに接種してもらいたいね

このワクチン問題に関しても、学びどころが満載だ

医療関係の人は真っ先にワクチン打たれてしまうかも

ワクチンの種類も様々だから波動を上げて、やばいワクチンを引き寄せないようにしておいたほうがいいぜ

自己の闇に心当たりのある人は悔い改めるか、今のうちに闇から足を洗っておいたほうがいいぜ

そもそも「病気」は、自己宇宙からの警告、愛のムチだからね

心と体の自己管理を怠り、その治療を医者に丸投げして依存するから治らないんだぜ

医療業界の闇もすごいぜ、これも医者に依存するから医者から支配されちまうんだ

支配された人は、医者の言う通りに通院し薬を買い続け、病院のいいカモになる

自分の努力で食事方法と医学の智慧を得ようとしない「怠慢さ」「畜生の心」は、カモになり下がっちまう

 

裏を知ることで無邪気に楽しめなくなることもあるかもしれない

でもそれは、リスクを承知の上で節度を持って楽しむ「大人」ということだ

裏も表もバランスを取りながら自由に操作すればいい

「過ぎたるは及ばざるがごとし」、「信じること」も、信じすぎると依存になる

宇宙は「中道」だから、常にプラスとマイナスでバランスを取ろうとする

何かひとつを得たら、別の何かをひとつ失うのだと心得よ